西東京中央総合病院 新卒看護師採用サイト
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07
  • Menu08
  • Menu09
学校で就職の相談をすると、職場を実際に体験できるインターンシップへの参加を勧められました。実施している病院を探していたら、目にとまったのが「西東京中央総合病院」。職場体験だけでなく、先輩とのランチなどの企画もあって楽しそう!私を迎えてくれたのは、入職2年目の岡崎さん。入職の決め手は、インターンシップで働く看護師の温かい人柄が伝わったことなんだそうです。実際に働いてみても、その印象は変わってないかな? では早速、先輩訪問スタート!
岡崎さん(入職2年目)
急性期の混合病棟配属。仲間と支え
合える職場の雰囲気がお気に入り。
※「入職○年目」表記を含む当ページの内容は訪問取材時のものです
リアルな現場の雰囲気を味わえる
インターンシップは絶対におすすめ!
同じ病棟のメンバー。頼れる先輩ばかりで心強いです!
岡崎さんは、学生時代にこちらの病院のインターンシップに参加したそうですね?

はい。私は当院が所属する「戸田中央医科グループ(TMG)」の看護学校に通っていて、学校が企画するグループ病院の就職説明会に参加した際、一番気になったのが当院でした。病院のホームページからも情報収集をして、実際の職場を体験してみたいなぁと思ってインターンシップに申し込んだんです。

西東京中央総合病院のどんなところが気になったんですか?

時代と地域の実情に合った病院経営をしているところです。地域に密着した医療サービスを提供している点や、退院支援にMSW(医療ソーシャルワーカー)の介入が盛んであることに興味を持ちました。

岡崎さんは、高齢者への看護に興味があるんですか?

私は中学生の時に祖母を亡くして、その時にお世話になった看護師さんに憧れて看護の道を志したので、「高齢者の方とその家族を支えたい」という想いが強いんですよね。当院のインターンシップに参加した際も、先輩方の患者様・ご家族への対応を実際に見て、すごく親身に寄り添っているなと感じました。

西東京中央総合病院のインターンシップでは、どんなことをするんですか?

まずは病院についての説明があり、院内全体を見学をした後、実際に病棟で看護体験をすることができます。お昼は職員食堂で、先輩とランチを食べながら情報交換ができ、いろいろな質問をすることができるんですよ。その後は、近くにある職員寮を見学して、周辺の散策までしちゃうという盛りだくさんなプランです!

患者様に温かく、仲間への感謝の気持ち
を素直に伝え合うスタッフばかりです。
サンクスカードを通じて、仲間に感謝し合う職場を目指しています。
実際に働いてみても、インターンシップで感じた印象は変わりませんでしたか?

はい。むしろ働いてからのほうが、より先輩方の温かい人柄に触れられて、この病院を選んで良かったと感じています。患者様と心の距離を縮めて、家族のように対応している姿を見るたびに、自分ももっと頑張らなければ!と感じます。

患者様に温かい対応ができる理由は、何だと思いますか?

職場の雰囲気が明るくて、スタッフ間の関係が良いからだと思います。当院は職場改善に熱心で、「仕事を楽しむ・人を喜ばせる・注意を向ける・態度を選ぶ」の4つの行動原理をベースにした「フィッシュ哲学」を取り入れているんです。2018年度のTMG学会では、当院のフィッシュ活動に関する発表が「最優秀賞」を獲得したんですよ!

すご~い!具体的に、どんな活動をしているんですか?

仲間への「感謝の言葉」を目に見えるようにしていこうと「サンクスカード」を導入したり、病棟に「ありがとう」「げんき」などのポジティブな言葉を書いた「応援ボード」を設置したりしています。職員用通路には「サンクスツリー」と名付けられた大きな木のパネルがあり、仲間の対応を評価するメッセージがたくさん貼られているんです。

へぇ~!素敵な取り組みですね。

その他にも、多様な人材の活躍を推進する「ダイバーシティ」への取り組みに力を入れていて、今の社会で問題視されていることと向き合い、「ハラスメントzero運動」や「LGBTを理解する研修」などを実施しています。

患者様やご家族と関わる際は、
傾聴・共感・受容することを大切にしています。
ベッドサイドでは温かく寄り添い、患者様の希望を少しでも叶えていけるよう努めています。
岡崎さんは、どんな病棟で働いているんですか?

配属先は希望が通るので、スキルアップができそうな急性期の混合病棟を選びました。脳神経外科、内科、小児科、眼科など、さまざまな疾患・年齢層の患者様と向き合う中で、幅広い看護の知識・技術を身に付けることができています。

看護をする上で、大切にしていることはありますか?

患者様やご家族の希望を少しでも叶えていけるように、傾聴・共感・受容することを大切にしています。まずは、患者様の言葉や感情をありのままに受けとめて寄り添い、入院生活に満足していただけるよう環境調整をして、大切な身内を預けているご家族にも安心していただけるようにしていますね。

印象に残っている看護のエピソードはありますか?

ある患者様が亡くなった後、ご家族が私に会うために来院してくださったことがありました。ありがとうございましたと頭を下げながら、「岡崎さんの存在が心の支えでした」と言っていただけたんです。患者様とのお別れは悲しかったですが、ご家族の精神的な支えになれたことは自信につながりました。

励みになる言葉ですね。どんなふうにご家族を支えていたんですか?

終末期の患者様で残された時間が限られていたので、ご家族が面会に来るたびに話をする時間をつくって、悔いを残さず優しくお見送りができるよう関わっていきました。死期が迫り、変わり果てていく身内を受け入れていくのは相当辛いはずなので、心の中にある葛藤や悩みを聞くようにしていましたね。

教育支援も手厚く、固定チーム・デイパートナー方式
によって、新人さんの業務の不安を解消しています。
お世話になっている看護師長☆とても優しく、いつも親身に話を聞いてくれます。
新人教育サポートについて、詳しく教えて欲しいです。

新人1人にエルダーとメンターの2人の先輩が付き、技術指導から目標管理、仕事の悩み相談や精神的なサポートまで、しっかりと行っています。2018年度から、看護方式を「固定チーム・デイパートナー方式」に切り替えたので、先輩とペアを組んでケアにあたることができて安心ですよ。

「固定チーム・デイパートナー方式」って、何ですか?

複数人のチームで1人の患者様を入院から退院まで受け持つことを基本とし、看護師はチーム内で日替わりの2人組のペアを組み、パートナーシップを発揮しながら看護を提供します。ペアで業務を行うことで、わからないことはその場で相談し合えるため、1人で判断に困ることがないんです。

それは安心です。院内研修の機会もありますか?

ええ。年間研修スケジュールがしっかりと組まれていて、毎月さまざまなテーマで開催されます。また、新人一人ひとりに「マイポートフォリオ」を配布し、学んだ知識・技術の記録をファイリングして、教育担当の先輩と一緒に、目標達成度や課題を確認する機会もつくっているんです。

職場の研修以外でも、自己学習に取り組んでいますか?

はい。専門書籍が充実している職員用図書室が設置されていますし、パソコンやスマホから学べる「eラーニング」も導入されているので、自宅でも調べごとや復習ができて便利です。看護師として、どのように学んで成長していくかは自分次第ですが、当院にはスキルアップを応援してくれる体制が整っているので、将来のキャリアの選択肢を広げていけると思います。

1日の仕事の流れ(日勤)
8:30 勤務開始、申し送り
9:00 清拭、保清、透析出し
9:30 体重測定、バイタルサイン測定、看護処置
10:30 尿破棄、in-outバランス計算
11:30 血糖測定、点滴準備、看護処置
12:00 昼食
13:00 電子カルテ入力、看護処置
16:30 申し送り
17:00 業務終了

病院独自の取り組みは?
病棟に歯科衛生士が
配置されていること!
口腔ケアを徹底するため、2名の歯科衛生士を採用し、看護師も実践的な指導を受けています。
職場の自慢できるところは?
TMG学会でフィッシュ活動の
取り組みが表彰されたこと☆
ポジティブな言葉が書かれた「応援ボード」は、患者様からも好評です!
今日はお休み♪何して過ごす?
仲の良い友人たちと
料理とお酒を楽しむ♪
美味しい料理とお酒が一番のストレス発散!同期や先輩とも、よく近くの居酒屋に行きます。
岡崎さんからは、インターンシップに参加した感想や、入職後の印象、職場の魅力などをたくさん聞くことができて大満足。職場環境や仲間に恵まれたから良い仕事ができているそうで、働く前に職場の雰囲気を知ることは大切だなぁと思いました。西東京中央総合病院は、地域に対してもスタッフに対しても時代の流れに合った取り組みをしていて、職場改善に向けたフィッシュ活動や、ダイバーシティへの取り組みなども素晴らしい!ここならきっと、未来の私が活躍できそうです。
● インターンシップに積極的に参加してみよう
● 患者様やご家族に、傾聴・共感・受容を心がけよう