北多摩病院 新卒看護師採用サイト
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07
  • Menu08
  • Menu09
私は、患者様とじっくり向き合える慢性期看護に興味があるけど、急性期の職場を選ぶ同級生のほうが圧倒的に多数。周りと違う慢性期看護の道に進んでも大丈夫かな?そんな時、ふと目に留まったのが、一般病棟と療養病棟を持つ「北多摩病院」。20代の看護師も多く活躍していて、新卒採用も積極的に行っているんだとか。私を迎えてくれたのは、入職3年目の越湖(えっこ)さん。新卒から慢性期の現場で働くことについて、相談に乗ってもらおう!では早速、先輩訪問スタート。
越湖さん(入職3年目)
皮膚・排泄ケア認定看護師。
4歳と1歳の子どもを持つママさん。
※「入職○年目」表記を含む当ページの内容は訪問取材時のものです
「なりたい自分」を想像しながら、
理想の働き方を見つけて欲しい。
同じ病棟のメンバー。20~30代の職員が中心の明るい職場です!
越湖さんは、皮膚・排泄ケア認定看護師の資格を取得したそうですね。

はい。初めて働いた総合病院で卒後7年目に取得しました。新卒の時は、どんな領域にも対応できるオールマイティな看護師を目指して総合病院に入職したのですが、だんだんと「自分の興味のある分野を極めていきたい」と考えるようになったんです。

働く中で、理想の働き方が変わることもあるんですね。

ええ。私の場合は、あれこれ考え過ぎずに興味のある職場に飛び込んでみて、3年後、5年後の「なりたい自分」を想像しながら、理想の働き方を見つけていきましたね。

私は、慢性期の看護に興味があるのですが、1年目は急性期を経験すべきか迷っているんです。

自分が実践したい看護が明確になっているのは、とても良いことだと思います。だったら周りに流されず、その道に進むべき!当院には、毎年新卒者が入職していて、一般病棟、療養病棟、透析室など、それぞれが希望する部署で活躍しています。

療養病棟でも、看護スキルは身に付くでしょうか?

急性期に比べると、容態が落ち着いている患者様が多いので、医療的な介入は少ないです。ただ、看護師のスキルって、医療処置だけではないですよね。日常生活の支援や、個別に向き合ったケアなどは、療養病棟だから深めていけるスキルだと思います。

ケアミックス型病院で働く魅力は、
急性期看護も慢性期看護も経験できるところ。
入職後は、1対1の丁寧なOJTを通して、新人さんの成長をサポートしています。
卒後1年目は、どんな環境で働くべきだと思いますか?

看護技術に強みを持ちたいなら急性期、患者様と向き合いながら理想の看護を追求したいなら慢性期かなと思います。看護師として、「技術を学ぶこと」も「理想の看護師像を持つこと」も必要ですが、患者様が1週間で退院する病棟と、1年以上入院される病棟とでは、求められる関わり方が全く違います。

私は技術も磨きたいけど、理想の看護も追求したいです。

そうですよね。当院は、一般病棟と療養病棟を併せ持つ「ケアミックス型病院」なので、部署を異動すれば、急性期の看護も、慢性期の看護も経験することができます。「まずは一般病棟で経験を積んでから、その後に療養病棟に異動する」という選択肢もアリなんです。

なるほど!看護部の教育体制は、どうですか?

数年前から新卒を積極的に採用する方針になったので、新人教育プログラムがしっかり整っています。現場では、プリセプター制度によるマンツーマンのOJTを行っていて、当院は臨床経験10年前後の中堅ナースが中心なので、新人さんに的確な指導・アドバイスができていると思います。

指導係に適した、中堅の先輩が多いのは安心です。

当院は、院内研修も充実していますし、院外研修や、法人合同の学術発表会・研修会にも参加する機会もあります。また、時間や場所を選ばずに、スマホ・パソコンから学べる「eラーニング」を導入しているので、自己学習も進めやすいですよ。

仕事と子育てが両立できるのは、
働きやすさが整った職場のおかげ。
看護部長も、仕事と子育ての両立を応援してくれています。
越湖さんは、何がきっかで北多摩病院に入職されたんですか?

調布市への引っ越しです。当時、1歳の子どもがいたので、仕事と子育てを両立しやすい職場を探していて、保育室完備の当院に魅かれました。

へぇ~、仕事と子育てを両立されているんですね。

そうなんです。入職後に第2子も授かり、現在は4歳と1歳の子どもを育てながら、日勤常勤として働いています。子どもがいても、大好きな仕事を続けられているのは職場のサポートのおかげなので、とても感謝していますね。

看護部には、子育て中の方が多いですか?

多いですね。でも最近は、20代の独身スタッフも増えています。一般的な慢性期の病棟は、看護師の年齢層が高い印象ですが、当院の看護師の平均年齢は約34歳です。休みの希望が通りやすく、有休消化率はほぼ100%なので、プライベートの充実を求めている若い方に人気なのだと思います。

働きやすい環境が整っているんですね。

ええ、働きやすさに関しては、スタッフみんなが満足していると思いますね。残業がほとんど発生しないので、仕事の後に予定が入れやすく、子どものお迎えに遅れる心配もありません。独身のスタッフは、趣味や習い事を楽しんだり、同僚とゴハンに行ったりと、アフター5を満喫しているようです。

仕事で自分を責め過ぎずに、
患者様とじっくり向き合い、自分の成長した部分を還元できるように努めています。
新人時代は、仕事でどんな壁にあたりましたか?

知識も経験も少ない新人の頃は、患者様の容態が悪化すると、すべて自分のせいだと考えてしまいがちでした。今でも忘れられないのは、ある術後の患者様を担当した時のこと。無気肺という術後の合併症を発症してしまい、「私の管理不足のせいで…」と、大泣きしながら家に帰った記憶があります。

ベテランの看護師なら、その合併症を防ぐことができたことなのでしょうか?

いいえ。術後の無気肺は、手術の麻酔による呼吸の抑制や、手術中に長時間同じ態勢をとり続けたことなどが原因なんです。患者様の容態は、必ずしも看護師の力量や努力だけで良くなるということではないんですよね。

私は、担当の患者様に何かあったら、まず自分が悪いのかも?と考えてしまうと思います。

そうですよね。確かに、自分を見つめ直して、何かしら改善すべき点に目を向けることは大事だと思います。ただ、すべての容態悪化が看護師の責任ではないので、必要以上に自分を責めて、仕事がイヤになってしまったら残念だなぁって感じています。

そうなんですね。最後に、看護学生へのアドバイスをお願いします。

看護師になってからも、勉強の時間を大切にして欲しいと思います。専門知識を蓄えれば蓄えるほど、患者様の回復に還元できることが増えていくので、仕事が楽しくなるんですよね。新人のうちから、「勉強して良かった」と感じる体験をたくさん積んで、一歩一歩成長していって欲しいです。

1日の仕事の流れ(日勤)
8:30 勤務開始、申し送り
8:50 環境整備、処置、点滴準備
10:00 臨検、看護ケア
11:30 ランチタイム
12:30 下膳、口腔ケア、尿測
13:30 カンファレンス
14:00 バイタルサイン測定
15:30 病棟ラウンド後、リーダーへ申し送り
16:00 看護計画・評価・電子カルテ入力
17:15 勤務終了

職場の自慢を教えて!
スタッフ同士の仲が良く、
コミュニケーションが活発!
優しいスタッフばかりなので、きっと毎日「職場に行くのが楽しみ♪」と、感じると思います。
利用している福利厚生は?
病院のすぐ近くの
職員用保育室★
普段は一般の保育園に預けていますが、日曜日にスポット利用しています★
今日はお休み!何して過ごす?
子どもと一緒に
自然の多い公園へ★
休日は、子どもと公園に行くことが多いです。子どもが自然と触れ合う時間を大切にしています。
お会いした越湖さんには、職場選びの相談にたっぷり乗っていただけて大満足★新卒から慢性期病院という少数派の道に進むことに不安もありましたが、越湖さんのお話を聞いていたら、自分が実践したい看護が経験できる職場を選ぶ決心が固まりました。「北多摩病院」には、一般病棟と療養病棟があり、急性期も慢性期も経験できるのは魅力的!完全な療養病院よりも、ケアミックス型病院の方が、部署異動で看護技術も学べるから、新卒の私には合っているかも。ここならきっと、未来の私が活躍できそうです。
●職場選びは、自分が実践したい看護次第
●療養看護では最期までの関わりを大切にしよう