北多摩病院 新卒看護師採用サイト
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07
  • Menu08
  • Menu09
私は、患者様とじっくり向き合える慢性期看護に興味があるけど、急性期の職場を選ぶ同級生の方が圧倒的に多数。周りと違う慢性期看護の道に進んでも大丈夫かな?そんな時、ふと目に留まったのが、一般病棟と療養病棟を持つ「北多摩病院」。20代の看護師も多く活躍していて、2018年度から新卒採用を積極的に行っているんだとか。私を迎えてくれたのは、入職3年目の熊谷さん。新卒から慢性期の現場で働くことについて、相談に乗ってもらおう!では早速、先輩訪問スタート。
熊谷さん(入職3年目)
出産を機に、大学病院から転職。プリセプターとして、新人指導にあたっている。
※「入職○年目」表記を含む当ページの内容は訪問取材時のものです
職場選びで大切なのは、
自分が実践したい看護ができるかどうか。
同じ病棟のメンバー。20~30代の職員が中心の明るい職場です!
熊谷さんは、大学病院で働いていたそうですね。

はい。専門学校を卒業した後は、大学病院に入職しました。看護実習でお世話になった病院で、学校の先輩もたくさん働いていましたし、同級生も入職を希望する子が多かったんです。

大学病院は急性期に特化しているところが多いし、新卒に人気ですよね。

そうですね。「卒後は急性期病院」というのが、新卒看護師の王道ルートかもしれません。でも、実際に働いてみたら合わないとか、自分が実践したい看護ができないとか、忙し過ぎてついていけない…という声も聞きます。私自身も、大学病院で仕事と子育てを両立していく自信がなくて当院に転職しました。

そうなんですね。実は私、急性期よりも慢性期の看護に興味があるんです。

自分が実践したい看護が明確になっているのは、とても良いことだと思います。だったら周りに流されず、その道に進むべき!当院には、今年度は6名の新卒看護師が入職して、一般病棟、療養病棟、透析室など、それぞれ希望の部署で活躍しています。

療養病棟でも、看護スキルは身に付くでしょうか?

急性期に比べると、容態が落ち着いている患者様が多いので、医療的な介入は少ないです。ただ、看護師のスキルって、医療処置だけではないですよね。日常生活の支援や、個別に向き合ったケアなどは、療養だから深めていけるスキルだと思います。

ケアミックス型病院で働く魅力は、
急性期看護も慢性期看護も経験できるところ。
プリセプターとして、1年間にわたって新人さんの成長をサポートしています。
卒後1年目は、どんな環境で働くべきだと思いますか?

看護技術に強みを持ちたいなら急性期、患者様と向き合いながら理想の看護を追求したいなら慢性期かなと思います。看護師として、「技術を学ぶこと」も「理想の看護師像を持つこと」も必要ですが、患者様が1週間で退院する病棟と、1年以上入院される病棟とでは、求められる関わり方が全く違います。

私は技術も磨きたいけど、理想の看護も追求したいなぁ…。

そうですよね。当院は、一般病棟と療養病棟を併せ持つ「ケアミックス型病院」なので、部署を異動すれば、急性期の看護も、慢性期の看護も経験することができます。職員の中にも、まずは一般病棟で経験を積んでから、いつか療養病棟に異動したいと考えている職員もいるんですよ。

へぇ~!看護部の教育体制は、どうですか?

2018年度から、新卒を積極的に採用する方針になったため、新人教育プログラムを充実させました。現場では、プリセプター制度によるマンツーマンのOJTを行っていて、私は今ちょうど、新卒のプリセプターを任されています。看護部には、臨床経験10年前後の中堅ナースが多いので、新人さんに的確な指導・アドバイスができていると思います。

指導係に適した、中堅の先輩が多いのは安心です。

当院は、院内研修も充実していますし、院外研修や、法人合同の学術発表会・研修会にも参加する機会もあります。また、時間や場所を選ばずに、スマホ・パソコンから学べる「eラーニング」を導入しているので、自己学習も進めやすいです。

療養病棟では、ターミナルケアや
看取りに対する支援も求められます。
緩和ケア、認知症看護、グリーフケアなど、慢性期病院ならではの看護を深めています。
今まで、一番印象に残っている患者様とのエピソードを教えてください。

大学病院時代に、終末期の女性の患者様と関わったことは、ずっと心に残っています。その方は、もう余命がわずかという状況で、「最期に口から食事がしたい」という望みを叶えるために、ストーマ(人工肛門)を造設したんです。

患者様の最期の希望に寄り添ったんですね。

ええ。ただ、ストーマを造設してから、袋の中に溜まる排泄物の匂いを、いつも気にされていました。女性なので、清潔感が損なわれてしまうことがストレスだったようです。私は、少しでも匂いの解消に繋がればと思って、アロマオイルで手足のマッサージをして、良い香りを楽しみながらリラックスしていただく時間を取るようにしました。

患者様の反応はどうでしたか?

すごく喜んでくれました。治療の術がない終末期の患者様と向き合うたびに、何とも言えない無力さを感じてしまいますが、看護師として、残された時間を少しでも穏やかに過ごせるような支援に努めています。療養病棟は、患者様を看取る機会も多いので、ターミナルケアを深めていくことも大切だと感じますね。

長く関わった患者様とのお別れは、辛いだろうな…。

何度経験しても辛いです。でも、終末期の看護は、患者様が本当に望むことをしてあげられる魅力もあります。最近は、最期は自宅で迎えたいと希望する患者様も多く、当院の療養病棟では、退院支援にも積極的に取り組んでいるんですよ。

仕事と子育てが両立できるのは、
働きやすさが整った職場のおかげ。
看護部長(写真左)と、看護師長代理(写真右)も、仕事と子育ての両立を応援してくれています。
職場の働きやすさはどうですか?

働く環境には、すごく満足しています。3歳と1歳の子どもがいても大好きな仕事を続けられているのは、職場のサポートのおかげです。当院には保育室もありますし、日勤常勤制度や時短勤務制度なども利用できるので、小さな子どもを持つママさんがたくさん活躍しています。

20代の看護師さんも、多く活躍しているそうですね?

ええ。慢性期や療養型の病院は、看護師の年齢層が高い印象ですが、当院には、これから結婚・出産を控えている世代も多いです。休みの希望が通りやすく、有休消化率はほぼ100%なので、独身の職員はプライベートを満喫していると思います。

残業は発生しますか?

一般病棟は、緊急入院が入ると残業することもありますが、療養型病棟は、ほぼゼロです。私は、仕事の後に子どものお迎えがありますが、多くの職員が、趣味や習い事を楽しんだり、同僚とゴハンに行ったり、充実のアフター5を過ごしています。

職場の仲間と、プライベートでも交流はありますか?

はい。ママさん仲間とは、休みが合えばランチに行ったりしています。病院周辺は自然が豊かですが、最寄りの調布駅の駅前は飲食店が多いので、お店選びが楽しいです♪

1日の仕事の流れ(日勤)
8:30 勤務開始、申し送り
8:50 環境整備、処置、点滴準備
10:00 臨検、看護ケア
11:30 ランチタイム
12:30 下膳、口腔ケア、尿測
13:30 カンファレンス
14:00 バイタルサイン測定
15:30 病棟ラウンド後、リーダーへ申し送り
16:00 看護計画・評価・電子カルテ入力
17:15 勤務終了

職場の自慢を教えて!
リニューアルした
新人教育プログラム♪
2018年度から、新卒看護師を積極的に受け入れるため、教育体制を見直しました!
利用している福利厚生は?
病院のすぐ近くの
職員用保育室★
普段は一般の保育園に預けていますが、土曜日や日曜日にスポット利用しています★
今日はお休み!何して過ごす?
子どもとのんびり
公園をお散歩♪
休日は、子どもと公園に行くことが多いです。子どもが自然と触れ合う時間を大切にしています。
お会いした熊谷さんには、職場選びの相談にたっぷり乗っていただけて大満足★新卒から慢性期病院という少数派の道に進むことに不安もありましたが、熊谷さんのお話を聞いていたら、自分が実践したい看護が経験できる職場を選ぶ決心が固まりました。「北多摩病院」には、一般病棟と療養病棟があり、急性期も慢性期も経験できるのは魅力的!完全な療養病院よりも、ケアミックス型病院の方が、部署異動で看護技術も学べるから、新卒の私には合っているかも。ここならきっと、未来の私が活躍できそうです。
●職場選びは、自分が実践したい看護次第
●療養看護では最期までの関わりを大切にしよう