愛里病院 新卒看護師採用サイト
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07
  • Menu08
  • Menu09
私の夢は、地域との関わりが深い病院で働くこと。看護技術だけでなく、地元の患者様に親しまれる対応も学んで行きたいです。そんな私が注目しているのは、地域密着型の医療にこだわる「愛里病院」。地域に根差し、グループ病院とともに、地域の方が最期まで安心して暮らせる医療体制を整えているんだとか。私を迎えてくれたのは、入職2年目の江國さん。では早速、先輩訪問スタートです。
江國さん 入職2年目
別業種から看護師に転身。引っ越しを機に、
地域の救急医療を支える愛里病院に入職。
※「入職○年目」表記を含む当ページの内容は訪問取材時のものです
急変対応力の必要性を感じ、
救急指定病院への転職を決めました。
地域の患者様のために一生懸命になれる看護師が揃っています!
江國さんは、別のお仕事を経て看護師になったそうですね。

はい。社会人デビューは、市役所の臨時職員でした。1年ほど働く中で、手に職をつけて安定した収入を得たいと思い、看護師を目指したんです。

看護学校卒業後は、どんな病院で働いていたんですか?

療養型病院です。心に余裕をもって働ける職場が良かったので、最初から慢性期医療の道を選んだのですが、新人のうちに身に付けておくべき看護技術がたくさんあることに気付き、転職を考えました。

新人のうちに、どんな学びが必要だと感じたんですか?

心肺蘇生などの急変対応です。前職の病棟は、8割以上が寝たきりの高齢患者様で、入退院も少なく、高度な医療処置が求められない環境でした。でも、高齢者だからこそ急変が多く、急変時に何もできない自分が悔しくて、いざという時の対応力を身に付けたいと思いました。

何がきっかけで、愛里病院を知ったんですか?

夫の転勤でこちらに転居することになり、転居先から一番近い救急指定病院が当院でした。新しい土地での生活は慣れないことも多く、これから暮らしていく街のことを知るためにも、地域に密着して幅広い医療を展開する当院を選んだんですよ。

看護師としての土台をしっかりと固め、
幅広い経験を積むことができる職場です。
入職後は、ベテランの先輩が指導係に付き、マンツーマンのOJTを行ってくれます。
愛里病院は、救急から在宅まで、幅広い医療を展開しているそうですね。

ええ。当院のモットーは、「地域に求められる医療の提供」なので、幅広い診療体制を整え、地域の医療ニーズに応え続けています。二次救急の指定を受けており、緊急入院を受け入れる一般病棟、長期入院を受け入れる障害者病棟を設け、リハビリテーション室や在宅部門も設置されています。

江國さんの配属先は、どこですか?

入職当初は、前職の雰囲気に近い障害者病棟に配属され、職場の雰囲気に慣れていくことを勧められました。入職後1カ月は、日替わりで教育係の先輩が付き、マンツーマンで日勤業務の指導をしてもらえ、2カ月目から夜勤をスタート。3カ月目に、一般病棟へ異動して、興味があった急性期の看護を学んでいます。

少しずつ段階を踏んで、サポートしてもらえるんですね。

そうなんです。私は中途入職ですが、臨床経験が少なかったため、手厚い教育サポートを受けることができました。新卒者の場合はもっと充実していて、1年間はプリセプターの先輩が付きますし、苑田会グループの教育委員会が立てた年間研修計画に沿って、看護師としての土台を固めていくことができます。

苑田会グループの他の病院とは、どんな関わりをしているんですか?

苑田会グループは足立区を中心に、地域に根差した医療ネットワークを築いて、病期に合った入院・治療を提供できる体制を整えています。緊急性の高い方・集中管理が必要な方は苑田第一病院に搬送されるシステムで、当院が受け入れている救急患者様は、系列の有料老人ホームに入所されている方が中心です。

さまざまな看護技術はもちろん、
患者様やご家族に信頼される対応も学べます。
一人ひとりの患者様に寄り添い、コミュニケーションを取る時間を大切にしています。
障害者病棟と一般病棟では、忙しさが違いますか?

そうですね。一般病棟は入退院が多く、緊急入院が1日に3件続くこともあります。急変リスクの高い方もたくさんいて、CV挿入の介助や、輸液ポンプの取り扱いなど、前職では経験しなかった医療処置にも携わっています。

卒後1年目は、急性期の病棟で働いた方が良いのでしょうか?

一概には言えませんが、当院のように幅広い医療を提供している職場であれば、部署異動をして、さまざまな領域を学ぶことができます。前職の療養型病院での看護も、急性期では味わえないやりがいがあり、基礎看護技術を固めた後、またチャレンジしてみたいです。

なるほど。私は、地域に愛されている病院で働きたいな~って思っているんですよね。

それなら当院はピッタリだと思います。長い歴史を持つ病院なので、地域の皆様から大きな信頼を寄せられていて、「最期まで愛里病院でお世話になりたい」と希望される患者様・ご家族がたくさんいます。

どんな時に、地域の方から愛されている病院だと感じますか?

患者様が亡くなった後、ご家族が感謝の手紙をくださる時や、49日の法要後、改めて挨拶に来てくださる時です。1人2人ではなく、そういうご家族がとても多く、看護師の対応に感謝の言葉をいただきます。看護部には、患者様に親身になってコミュニケーションが取れるベテランの先輩が多いので、日々背中を見て学んでいますよ。

元気で明るい看護部のパワーを、
一人ひとりの患者様に届けています。
仲間に相談ごとがあると、パッと集まり話し合える職場です。
患者様と向き合う際、心がけていることはありますか?

誰かを特別扱いせず、皆さんと平等に接するように心がけています。おしゃべりな方とはつい長くお話をしてしまいがちですが、病気のせいでコミュニケーションが取りにくい方にも、その方に合わせた対応を取るようにしていますよ。

患者様に言われて、嬉しかった一言はありますか?

耳が遠くて、補聴器が必要な患者様がいたのですが、なぜかいつも着けずに、ベッドサイドに置いていました。ある日、なぜ補聴器を着けていないのか伺ったら、「ここの看護師さんは、みんな元気で声が大きいから、補聴器なしでも大丈夫なんだ」と、笑顔で話してくれました。みんながその方には大きめの声でコミュニケーションを取っていたことがわかり、看護師全員を褒めていただけたようで嬉しかったです。

元気な職員の方が多いんですね。

はい。看護部長を筆頭に、前向きでエネルギッシュな職員ばかりです。だから職場はいつも明るく、人間関係も温かいですよ。結婚後は、なるべく夕食を手作りしていますが、月1~2回は息抜きもかねて、職場の仲間と飲みに行っています。最寄りの「北千住駅」周辺は、飲み屋さんがいっぱいあるので、お店選びも楽しいです。

仕事と家庭の両立はうまくいっていますか?

はい。残業はあまりないですし、希望休が通りやすいので月に何度かは夫と休みを合わせることができます。今年、結婚式を挙げたのですが、特別休暇として10日間の連休をいただき、新婚旅行でプーケットに行って来ました。事前に申請すれば、有休を使って長期休暇が取れるので、今後も夫婦の時間を大切にしながら、仕事も頑張りたいと思っています。

1日の仕事の流れ(日勤)
8:45 勤務開始、点滴準備・ミルキング、申し送り
9:00 看護ケア、清拭
11:30 ランチタイム
12:15 食事片付け、口腔ケア
14:00 バイタルサイン測定
15:00 看護記録
16:00 ラウンド、バイタルサイン再検
16:30 夜勤へ申し送り
17:20 勤務終了

嬉しい福利厚生は?
1食250円の
職員食堂★
美味しいランチが1食250円とリーズナブルで、多くのスタッフが利用しています。
頑張った自分へのご褒美は?
北千住駅周辺で
ショッピング☆
最寄りの「北千住駅」の周辺はデパートが多いので、ショッピングが楽しいです!
今日はお休み!何して過ごす?
ペットのウサギと
まったり♪
休日は、ペットのウサギに癒されながら、まったり過ごしています。
お会いした江國さんからは、病院選びのアドバイスをはじめ、急変対応の重要性や、患者様への接し方など、さまざまなことを教えてもらえました。江國さんの言う通り、「愛里病院」のように幅広い医療を展開する病院であれば、さまざまな経験を通して、自分に合った領域を見つけられそう。私の理想とする地域密着型病院でしたし、患者様やご家族への対応も好感が持てました。ここならきっと、未来の私が活躍できそうです。
● いざという時の急変対応力を身に付けよう。
● すべての患者様に平等に向き合おう。