愛里病院 《 新卒看護師採用サイト 》/Webで先輩訪問

愛里病院 新卒看護師採用サイト

Webで先輩訪問

本日訪問する先輩
今さん 入職1年目
入職の決め手はインターンシップの印象。
急性期の混合病棟配属。
看護学生「未来ナース子」の
未来の職場リサーチ
私の夢は、地域との関わりが深い病院で働くこと。看護技術だけでなく、地元の患者様に親しまれる対応も学んで行きたいです。そんな私が注目しているのは、地域密着型の医療にこだわる「愛里病院」。地域に根差し、グループ病院とともに、地域の方が安心して暮らしていくための医療体制を整えているんだとか。私を迎えてくれたのは、入職1年目の今(こん)さん。では早速、先輩訪問スタートです。
先輩:今さん
入職1年目。卒後3年目に3次救急病院から転職。将来の夢は、地域を支える訪問看護師。
憧れの先輩と リアルトーク開始
1
患者様一人ひとりとじっくり向き合える職場を求めて、
当院への転職を決めました。
――今さんは、卒後3年目に愛里病院に転職されたそうですね。

はい。新卒で入職した病院は3次救急病院で、ICUに配属していました。最初は看護技術を磨くために救急や急性期を経験したかったのですが、想像以上にハードな職場環境に疲弊してしまって転職を考えたんです。

――愛里病院のどんなところが入職の決め手になりましたか?

院内に慌ただしさがなく、患者様とじっくり向き合う看護を大切にしているところです。また、以前の職場では治療後の回復プロセスを追うことができなかったので、在宅復帰を目指す方のサポートまで担えるところも勉強になりそうだなと思いました。

――実際に働いてみて、入職前の職場のイメージとギャップはありましたか?

入職前は、高齢患者様が中心の病院を想像していましたが、整形外科や消化器外科の患者様の中には、若い方もいらっしゃったことですね。当院の入院設備は、急性期の治療が中心の「一般病棟」と、長期療養に対応する「障害者病棟」で編成されていて、成人全体の幅広い看護を学ぶことができるんです。

――患者様とじっくり向き合うことはできていますか?

はい。医療処置以外にも、身体介助や日常生活のお手伝いを行う場面が多く、以前勤めていた病院とは違った忙しさがありますが、ベッドサイドで向き合える時間が多く、患者様の想いを傾聴しながら看護を行うことができています。

地域の患者様のために一生懸命になれる看護師が揃っています!
2
新人教育は1対1のプリセプター制度に加えて、
苑田会グループの研修も用意しています。
――愛里病院は、救急から在宅まで、幅広い医療を展開しているそうですね。

ええ。当院のモットーは、「地域に求められる医療の提供」なので、幅広い診療体制を構築し、地域の医療ニーズに応え続けています。2次救急の指定を受け、手術室やリハビリテーション室などの機能も整っている上に、地域の高齢者の暮らしを支える「在宅部門」まで設置されているんですよ。

――学べることが多そうですね。新人には、どんな教育プログラムが用意されていますか?

現場では、プリセプターの先輩から1対1のOJTを受けることができます。私は中途入職ですが、臨床経験が浅かったため、2カ月ほどプリセプターの先輩のフォローを受けることができて安心でした。夜勤は日勤業務に自信がついてから入れましたし、最初はプリセプターの先輩と一緒だったので心強かったです。

――新卒者の場合、どのくらいの期間プリセプターの先輩が付くんですか?

1年間付きます。新卒者には、OJT以外にも、所属する「苑田会グループ」の教育委員会が立てた年間研修計画に沿って、さまざまなテーマの研修が開催されるそうです。現在は、新型コロナウイルス感染症の影響で、大人数の研修を控えていますが、同等の動画研修や、eラーニングなどで補っているんですよ。

――苑田会グループについて、詳しく教えて欲しいです。

足立区を中心に、地域に根差した医療・介護サービスを展開する医療法人グループで、グループの総合力で、あらゆる病期の入院・治療に対応する体制を整えています。緊急性の高い方・集中管理が必要な方は苑田第一病院に搬送されるシステムで、当院が受け入れる救急患者様の大半は、グループ内の有料老人ホームに入所されている方なんです。

新人さんには、経験豊富なプリセプターの先輩が付き、マンツーマンのOJTを行っています。
3
地域からの医療のニーズに応えるべく、
新しい取り組みも柔軟に取り入れています。
――私は、地域との関わりが深い病院で働きたいと考えているんです。

それなら当院はピッタリだと思います。長い歴史を持つ病院なので、近隣に暮らす人々から大きな信頼を寄せられていて、将来の地域医療を支える人材を育成しています。常に地域からの声に耳を傾け、新しい取り組みなども柔軟に導入しているんですよ。

――そうなんですね。最近は、地域のためにどんな取り組みを導入しましたか?

やはり今は、新型コロナウイルス感染症の予防対策を徹底し、来院される患者様の安心・安全を守ることを最重要課題にしています。そのために、病棟編成を見直したり、看護師の受け持ち人数を変更したりと、臨機応変に対処しています。

――新型コロナウイルスの感染拡大によって、医療現場は大きな影響を受けましたよね。

ええ。でも当院では、新しい取り組みを始める際に、医師が率先してカンファレンスや勉強会を開いてくれるので、混乱は最小限に抑えられています。家庭的な病院規模なので、医師と近い距離で仕事ができ、問題が発生した時などはすぐにアドバイスをいただけるんです。

――それは安心ですね。今さんは、地域の患者様のために心がけていることはありますか?

しっかりコミュニケーションを取り、患者様の人となりを理解することです。治療の継続には、環境調整や精神面へのアプローチも重要になってくるので、一人ひとりの患者様の想いに寄り添い、不安やストレスを軽減できるような関わりを心がけています。

一人ひとりの患者様に寄り添い、コミュニケーションを取る時間を大切にしています。
4
プライベートも大切にしながら、
将来のキャリアビジョンの実現に近付いていきたい。
――患者様との関わりで、印象的なエピソードがあれば教えてください。

認知症が進行し、人が変わったように暴力的になっていく高齢患者様を受け持った時のことはよく覚えています。最初は戸惑いましたが、原因を探りながら環境を見直し、こちらが心にゆとりを持って接していくと穏やかに過ごせる日が増え、ケアに対して「ありがとう」という言葉をいただけるようになりました。

――看護師の関わり方次第で、患者様の状態が変わることもあるんですね。

ええ、そこが高齢者看護の醍醐味かと思います。将来は訪問看護の道に進みたいと考えているので、住み慣れた地域で、その方らしい生活を最期まで送っていただくための医療を展開する当院には、学べることがたくさんあるんですよね。

――そうなんですね。職場環境はどうですか?

看護部長をはじめ、明るく前向きなメンバーばかりなので、職場はいつも活気のある雰囲気です。最近は職員同士の食事会を自粛中ですが、最寄りの「北千住駅」周辺は飲食店が充実しているので、以前は仲間内でよくゴハンに行っていたそうですよ。

――プライベートは大切にできていますか?

はい。皆で協力して業務を進めているので、定時に退勤できる日も多く、仕事帰りにショッピングを楽しむ日もあります。また、希望休も通りやすいですし、事前に申請すれば長期休暇も取れるため、私生活を充実させながら仕事を頑張りたいと思っています。

仲間に相談ごとがあると、すぐに集まって話し合える職場です。
憧れの先輩とフリートーク
嬉しい福利厚生は?
1食250円の職員食堂★
おいしいランチが1食250円とリーズナブルで、多くのスタッフが利用しています。
頑張った自分へのご褒美は?
北千住駅周辺でショッピング☆
最寄りの「北千住駅」の周辺はデパートが多いので、ショッピングが楽しいです!
日勤の1日の流れを教えて
8:45勤務開始、点滴準備・ミルキング、申し送り
9:00看護ケア、清拭
11:30ランチタイム
12:15食事片付け、口腔ケア
14:00バイタルサイン測定
15:00看護記録
16:00ラウンド、バイタルサイン再検
16:30夜勤へ申し送り
17:20勤務終了
先輩訪問レポート
未来の私はきっと…♪
今さんからは、地域との関わりが深い病院で働く魅力について、たくさんお話を聞くことができて大満足!「愛里病院」は、私の理想とする地域密着型病院で、教育サポートも充実していて、職場の雰囲気も温かそうでした。また、医療サービスも地域の声に寄り添っていて、患者様としっかり向き合い、信頼関係を築いていく看護を提供しているところもステキだなと思いました。ここならきっと、未来の私が活躍できそうです。
未来のための教訓
● 家庭的な規模の病院では、医師と近い距離で働くことができる。
● 看護師の関わり方次第で、患者様の状態が変わることもある。