セントラル病院 看護助手 新卒・第二新卒採用サイト
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07
  • Menu08
  • Menu09
技術・知識以上に人間力が求められる仕事。
看護師さんとの連携で成長できます。
どんな新人時代でしたか?

私は、教員採用試験の勉強の合間に、病院の夜間受付アルバイトを始めて、いろいろな患者様と接する中で、「もっと患者様の近くで仕事がしたい」と考えるようになり、この道へ方向転換することにしたんですよ。そして、はじめて働いた病院で、とてもスゴい女性の先輩に出会いました。患者様の快適さを一番に考え、オムツのあて方はきっちり左右対象、ベッドメイキングでシワを作らない、着衣交換は乱れにくく美しいなど、どの仕事も「そこまで!?」という徹底ぶり。仕事に対する意識や向上心が高く、私の意識もがらりと変わりました。

どんなふうに変わったんですか?

それまで私は「介護=身の回りのお世話=誰にでもできる」と捉えていました。でも、特に病院の介護職の場合は、患者様に起こりうるさまざまな変化を予測し、些細なサインも見逃さない観察力が必要で、介護職であり、看護師をサポートする「看護助手」でもある、と考えるようになりました。そして、患者様に向き合うにも、職場の仲間と力を合わせるにも、人間力って大事なんだな、と、その先輩を見て思いましたね。プライベートでも思いやりに溢れた方で、実は、今や人生の伴侶となって、私を支えてくれています(笑)。

その方とご結婚されたんですね!

そうなんです。そして私が転職先としてこの病院を選んだのは、ここが妻が以前に勤めていた病院で、妻を立派なケアワーカー(看護助手)に育て上げた病院だからなんです。特に看護師長には大変お世話になったそうで、病院で活躍する介護職にとって、看護師さんに育ててもらえる環境は魅力的だなと感じました。看護職と介護職の間では、上下関係が生まれやすいと言われていますが、当院にそんな雰囲気は一切なく、資格は違えど、同じように患者様の安全・安楽を追求する仲間です。医療に関心の高い介護職の方、無資格から医療・介護を勉強したい方、ご応募お待ちしています!

ズバリ! 私はこんな人。
●最近の趣味は?
休日は朝から夕方まで外にいますね。特に子どもが生まれてから休みの日は必ず家族で外出するようになり、気づけばそれが趣味のようになっています。横浜市に住んでいるので、車で2時間以内で、湘南の海や丹沢の山々、鎌倉の街などがあるんですよ。自然の豊かな場所や由緒ある街に行って、その時々の季節の風景・空気を味わうだけで、心身ともにリフレッシュでき、明日からまた仕事を頑張ろう!とい気持ちになります。
●性格を一言で言うと?
いつでもポジティブ!
何ごとも前向きに考えるタイプです。
●新人に望むことをどうぞ。
最初から仕事が「できる」人なんていません。
自分を責めず、一歩一歩頑張っていきましょう。