大口東総合病院 新卒看護師採用サイト
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07
  • Menu08
  • Menu09
看護師デビューは楽しみな反面、不安もいっぱい。先輩と上手くやっていけるか、患者様に受け入れてもらえるか、心配ごとはいろいろあります。新人が溶け込みやすい職場を探していて目に止まったのが、地域に密着した医療を展開する「大口東総合病院」。179床とアットホームな規模で、職員の人間関係がとても良いんだとか。私を迎えてくれたのは、入職3年目の小貫さん。新人を受け入れる際のサポート体制について、詳しく教えてもらいたい!では早速、先輩訪問スタート。
小貫さん(入職3年目)
秋田県出身。地域密着の温かい病院の
雰囲気に魅かれて、上京して入職。
※「入職○年目」表記を含む当ページの内容は訪問取材時のものです
同郷の看護部長の温かさに魅かれて、
この病院で働くことを決意しました。
みんなのお母さんのような田中看護部長。私と同じ秋田県出身です。
小貫さんは、秋田県出身だそうですね。

はい。東北から出たことがなかったので、看護師になったら東京近郊に出て、少しでも自分の世界を広げたい気持ちがありました。なので、学生時代は関東の病院の説明会に積極的に参加して、大口東総合病院に出会ったんです。

いくつも病院を見る中で、なぜこの病院に魅かれたんですか?

いろいろな合同説明会に参加していたのですが、当院の看護部長には3回もお会いした上に、私と同じ秋田県出身と伺い、親近感というか、縁みたいなものを感じたんです。後から聞いた話ですが、看護部長も「この子は絶対、うちの病院にぴったり!」と感じてくれていたそうです。

素敵な巡り合わせですね。看護部長は、どうして小貫さんがこの病院にぴったりと感じたんでしょう?

私が家庭的で温かい雰囲気の職場を求めていたからだと思います。当院は、職員同士の距離が近く、まさに「アットホーム」という言葉が似合う職場環境なんです。看護部長は、私達を優しく見守る「お母さん」みたいな存在ですよ。

へぇ~!家庭的な職場って、すごく憧れます。

当院は、看護師と患者様の距離も近くて、自然と親しい間柄になれる雰囲気があるんですよ。特に、開院当初から利用してくださっている地域の患者様が多く、そういう方については、どんな方なのかがよくわかるため、本当の家族のようなお付き合いができます。

卒後3年間のプリセプター制度は、
当院オリジナルの手厚いサポート。
同じ病棟のメンバー。優しい先輩ばかりで、いつも支えてもらっています。
新卒からこの病院で働く魅力って、どんなところでしょう?

1番は、手厚い現場教育が受けられるところです。新卒の採用人数がそれほど多くないので、一人ひとりの新人をしっかり見てくれるんですよ。他の病院では、プリセプターが付くのは1年が一般的ですが、当院では卒後3年間「プリセプター制度」が適用されます。

3年間も!?じゃあ、小貫さんには現在もプリセプターが付いているんですか?

はい。1年目のように常にマンツーマンではありませんが、何かあったら相談に乗ってくれる先輩がいます。卒後2~3年目は、まだ経験不足な部分もあるので、サポートしてくれる先輩がいるのはすごくありがたいです。

それは安心ですね。でも、同期が少ないのは寂しく感じませんでしたか?

初めは少し心細かったです。でも、先輩方がそれを気にして、仕事の後に食事に連れて行ってくれたり、休日に遊びに誘ってくれたりしたので、心細さはすぐに消えました。

先輩とプライベートでも仲良くできるって、いいですね。

私の場合、職場周辺の土地勘もなく、身近に知り合いも居なかったので、先輩方の優しさは本当に嬉しかったです。仕事だけでなく、精神面や生活面まで気遣っていただき、とても感謝しています。

患者様にいただいた手作りのプレゼントは、
「勇気のお守り」として持ち歩いています。
卒後3年間プリセプターが付くので、安心して働くことができます。
新人時代、患者様との関係づくりはうまくいきましたか?

つたない看護に注意を受けることもありましたが、一生懸命な私の姿勢を喜んでくださる患者様が多かったです。入院しているのは地域の高齢者の方が大半で、再入院が必要になると当院を希望される方が多く、一般病棟でも長いお付き合いができるんですよ。

今まで関わった患者様で、印象に残っている方はいますか?

脳梗塞を患い、その後の後遺症と闘っていた女性患者様のことは、今でもよく覚えています。病気になる前は手先が器用で、美容師のお仕事をされていたそうです。「また髪が切りたい」と、リハビリを毎日頑張っていて、私はすごく応援していました。

その患者様と関わる際に、どんなことを心がけましたか?

リハビリへのモチベーションが下がらないように、前向きな声かけを意識しました。病棟でも手先を動かす機会が持てるように、手工芸の提案をしたんです。そうしたら、私のために素敵なブレスレットを作って、プレゼントしてくれたんですよ。

素敵なエピソード!手作りのプレゼントって、嬉しいですね。

はい。その方が退院されて数ヶ月後、再び私を尋ねて病院にやってきて、今度は手の込んだビーズのアクセサリーをプレゼントしてくれました。ず〜っとリハビリを頑張っていたんだと思うと、すごく勇気や希望がもらえて、今でもそのプレゼントは「お守り」として持ち歩いています。

いろいろな先輩との出会いで視野が広がり、
看護師としても、人間としても成長できます。
先輩方のように、キャリアも私生活も大切にできる看護師を目指します!
小貫さんは、退院後も患者様の心に残る看護師さんなんですね。

看護師は技術がすべてではないので、いつも笑顔を心がけたり、相手と一生懸命向き合おうとすれば、新人でも患者様の心に残る看護師になれると思いますよ。

そうなんですね。患者様への対応の仕方は、どんな風に学んでいますか?

先輩の看護を見て学んでいます。当院には、臨床経験も人生経験も豊富な先輩が多いので、すごく勉強になるんです。主婦業や育児をしている先輩もいるので、そういう先輩方の背中を見ながら、公私ともに成長していけたらいいなと思っていますよ。

結婚・出産後も、キャリアアップできる環境なんですか?

はい。学びたい意欲さえあれば、しっかりバックアップしてくれる職場です。現在、緩和ケア認定看護師が在籍しているのですが、お子さんを育てながら半年間研修に通って、見事合格されました。現場で直接指導を受けられる機会もあり、憧れのキャリアモデルです!

最後に、小貫さんの将来の目標について教えてください。

自分がしてもらったように、後輩を大事に育てられる先輩になることが目標です。故郷を離れての都会暮らしに不安を感じる方もいるかと思いますが、横浜は大都市でも自然がいっぱいで、東京ほど人混みが多くありません。遠方からも、たくさんの後輩が入職してくれたら嬉しいです。

1日の仕事の流れ(日勤)
8:30 業務開始、情報収集、申し送り
8:45 患者様へあいさつ、環境整備、オムツ交換、清拭
9:00 点滴、ラウンド
12:00 配膳、食事介助、休憩
13:00 口腔ケア、オムツ交換
14:00 カンファレンス、ラウンド
15:00 リーダーへ送り、記録
16:30 オムツ交換
17:00 勤務終了

気分が上がる、仕事の必需品は?
患者様が手作りしてくれた
プレゼント★
仕事で辛くなった時は、このプレゼントを見て「頑張ろう!」と気合を入れています。
職場周辺のおすすめスポットは? 
大口駅前の
パン屋さん♪
夜勤明けはお腹が空くので、よく立ち寄っています。
今日はお休み!何して過ごす?
美味しい
グルメを堪能★
休日は友人を誘って、あちこち美味しいものを食べに行ってリフレッシュしています。
お会いした小貫さんは、笑顔が優しくて。先輩とも患者様ともステキな人間関係を築かれ、毎日イキイキと働かれていました。「大口東総合病院」は、評判通りアットホームな雰囲気で、看護師が家族のように患者様と向き合っているところが素晴らしかったです。また、新人への教育サポートも手厚く、プライベートな相談もできる先輩との関係がすごくいいなって思いました。ここならきっと未来の私が活躍できそうです。
● 家族のような目線で、心のこもった看護をしよう
● 先輩をお手本にしながら、公私ともに充実させていこう