苑田会 新卒看護助手採用サイト
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07
  • Menu08
  • Menu09
先輩オススメ!研修

私のおすすめは、看護師長が講師を務める「看護助手研修」。看護助手に求められるスキルを身に付けるため、年2回の座学と実技研修を通して、基本的な医療・介護の知識や、身体介助技術を学びます。私が働く苑田第一病院は、苑田第二病院と合同開催のため、苑田第二病院の看護助手とも仲良くなれるので、毎年楽しみにしています。

看護補助者研修の目的と目標
<目的>
看護補助者が、チームの一員である事を自覚し業務にあたる際、
安全・安楽な医療提供に協力できる。
そのために必要となる知識や技術を習得する。

<目標>
1.看護補助者として役割が理解できる 。
2.看護チームの一員として看護職員および多職種と協働・連携ができるようになる。
3.日常的に関わる補助ケアに必要となる知識や技術を習得し、それを正確かつ安全に遂行できる。
4.医療人として守秘義務や個人情報保護について理解できる。
5.看護補助ケアや業務における安全と感染防止への対応ができる。
研修内容の例
《ある1回の研修内容》
●医療制度の概要および病院機能と組織の理解
●労働安全衛生の基礎知識
●守秘義務と個人情報の保護
●看護助手のための倫理
●看護補助業務における医療安全と感染対策

《ある1回の研修内容》
●医療チームおよび看護チームの一員としての看護補助者業務の理解
●看護補助者業務を遂行するための基礎的な知識・技術
●日常生活にかかわる業務
●患者様・ご家族へのかかわり方~接遇~