介護老人保健施設 リハビリケアかつしか 新卒介護スタッフ採用サイト
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07
  • Menu08
  • Menu09
先輩オススメ!研修

私のおすすめは、各職種が持ち回りで講師となる「施設内研修」。リハビリスタッフから、「ボディメカニクスに基づく寝返り・起き上がりの介助方法」を教わったり、看護師から「ノロ・インフルエンザの感染対策」を学んだり、私自身も講師になって、「認知症への理解を深めるグループワーク」を開催しました。

新人職員 到達目標
●4月~5月 第1期(職場への適応段階) 組織の一員としての行動ができる
●6月~8月 第2期(日常業務への適応段階) 基本的な介護技術が実践できる
●9月~10月 第3期(夜勤業務への適応段階) 根拠を考えながら、介護の実践が展開できる
●11月~1月 第4期(業務遂行能力充実段階) チームメンバーとしての役割と行動がとれる
●2月~3月 第5期(自立段階) 一人立ち
新人教育計画
下表の行頭のマークは下記を意味します。
○:ルーチンワーク  ■:介護技術  □:介護過程
4月 ○施設の構造、設備の把握
○社会人マナー、接遇に ついて
○利用者、職員とのコミュニケーション(現場に慣れる)
○急変時の対応について説明(急変時の協力体制)
○各部門についての説明
☆面接(目標設定)
5月 ○タイムスケジュール(1日の流れ、週間業務)
○変則勤務の流れ
■食事、排泄、入浴等の場面を見学する
■指導者付き添いで実践 開始
□利用者の名前を覚える
□各利用者の特徴を理解する
☆面接
6月 ○1日の業務を指導なしで円滑に遂行する ※業務の優先順位の判断
■1人で実践(指導者の見守りは必要、その塲で指導)
□カルテ等の見方の説明
□介護記録の書き方
7月 ○変則勤務の業務を指導なしで円滑に遂行する
○週間、月刊業務の把握
■1人で行っている介護技術の評価
□特定の利用者1名についての情報収集開始 ※家族背景も含める(利用者は指導者の受け持ち利用者)
☆面接(夜間の開始についても評価)
8月 ○夜勤の開始
○夜勤業務の流れ
○オリエンテーション(3回)
■就寝介助(更衣、夜間排泄、夜間巡視等)
■夜間帯の急変時の対応について
□夜間帯の介護記録の書き方
□利用者の夜間帯の状況把握
9月 ○ルーチンワークの自立評価 ※根拠に基づいて行えているかを評価する
■利用者の個別性に応じた介護技術の評価
■得意、不得意の介護技術について確認
□介護過程の展開について説明
□情報の分析と診断 ※根拠は何か
10月 ○新人の到達度に応じて適宜指導
■情報の分析と診断に基づいた個別ケアの実施
□カンファレンスの参加(指導者と同席する)
□他職種との連携について説明
□家族とのコミュニケーション
☆面接(介護過程の展開について確認する)
11月 ○ルーチンワークとしての個人役割を担う
■他職種の指導の下、利用者の個別性に応じた介護技術の実践
□ケアプランに基づいた介護計画の立案、実施と評価 ※指導者と共に
12月・1月 □ケアプランに基づいた介護計画の立案、実施と評価 ※指導者と共に
2月 □ケアプランに基づいた介護計画の修正、追加について
3月 ☆総合評価
☆面接
介護クリニカルラダーレベル別到達目標
レベル I 新人
レベル II 一定の指示のもとある程度の仕事ができる
レベル III-1 指示がなくても一定の仕事ができる
レベル III-2 基本的な介護を後輩や学生に指導教育することができる
レベル IV チーム内においてリーダーシップをとることができ、部下に対する指示・指導を状況に合わせて行うことができる