水野記念病院 新卒看護師採用サイト
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07
  • Menu08
  • Menu09
私は、1つの職場で長く働きたいタイプ。だから、職場の雰囲気や温かい人間関係を重視しています。足立区で地域密着型の医療を展開する「水野記念病院」の魅力は、職員定着率の高さなんだとか。毎年たくさんの職員が「永年勤続者」として表彰されていて、地域の患者様に「いつも同じ顔に会える安心感」を与えているそうです。私を迎えてくれたのは、入職1年目の澤谷さん。職場環境の魅力について、詳しく聞いてみよう! では早速、先輩訪問スタート。
澤谷さん(入職1年目)
青森県出身。さまざまな疾患・症例
の看護に携わるために入職を決意。
※「入職○年目」表記を含む当ページの内容は訪問取材時のものです
看護師としての第一歩には、
幅広い診療科を有する環境がオススメです。
職員同士の仲の良さが一番の自慢。温かい先輩に恵まれ、毎日楽しく働いています。
澤谷さんが初めて働いた病院は、どんな職場でしたか?

看護学生の進学支援を行う有床クリニックです。看護師を目指すために青森から上京し、学校に通いながら資格取得を考えていたので、病院よりもクリニックのほうが仕事がラクかな?と、なんとなくの想像で入職を決めてしまったんです。

そうなんですね。実際に働いてみて、どうでしたか?

少人数の職場で毎日が忙しく、想像に反して大変でした(笑)。それでも一度決めた道なので、5年間働きながら夜間の看護学校に通い、念願の看護師資格を取得したんです。資格取得後は興味のある分野を学ぼうと思って、認知症の専門病院に転職しました。

認知症看護に興味があったんですね。

ええ、看護実習で一番興味を持ったのが、精神科や認知症看護でした。でも、1年半働く中で、認知症以外の疾患も抱える高齢患者様を多く見てきて、一般科のスキルも必要だなと感じるようになり、転職を考えたんです。

それで、水野記念病院に入職されたんですね。

そうなんです。今思い返すと、新人時代は想像や興味だけで突き進んできたなと感じます(笑)。クリニックと専門病院を経て、想像とは違う面もあること、興味を持った分野以外も学ぶ大切さに気付きました。当院のように幅広い診療科をカバーしている病院は、看護師としての第一歩に向いていると思います。

家庭的な温かさを感じる地域密着型病院。
アットホームな職場の雰囲気が魅力です。
1年目はプリセプターの先輩が付きますが、他の先輩方も進んで指導に入ってくれます。
私は、できる限り1つの職場で長く働きたいんです。

だったら、当院のような環境はピッタリだと思います。やりがい・成長を十分実感できて、中規模病院ならではの温かさも感じられます。新卒の方は大学病院を選ぶ方も多いですが、1つの職場で長く働くことを考えているなら、働きやすさや職場の雰囲気も重要なポイントですよ。

へぇ~。職場の雰囲気はどうですか?

気さくな職員が多いので、コミュニケーションが活発で、ナースステーションはいつも明るい雰囲気です。一年目はプリセプターの先輩が付くのですが、他の先輩方もサポートナースとして新人の様子を気にかけてくれるので、安心して働くことができます。

看護部には、長く働いている方が多いそうですね。

はい。開院50年以上の歴史ある病院なので、勤続20年、30年という先輩がたくさんいます。看護部に限らず、医師やコメディカルも長く働いている方が多いんですよ。福利厚生に「永年勤続表彰制度」があり、勤続5年ごとに「褒賞金(3~10万円)」と「特別休暇」が支給されます。

長く働くスタッフが多い職場は、新人が溶け込みにくいのでは?

いえいえ!当院は、新人に対して非常にウェルカムな雰囲気で、私もすぐに溶け込むことができました。入職後は、新入職員向けの勉強会も用意されているので、同じ時期に入職した他部署の同期とも繋がりが持てます。

患者様から、多くのことを
学ばせていただいていることを忘れずに。
向上心を持って患者様と向き合い、温かく寄り添う気持ちを大切にしています。
水野記念病院は、どんな看護を経験できる職場ですか?

どの病棟も、多様な疾患・症例を受け入れる混合病棟のため、幅広い看護を経験できる職場です。当院の強みは整形外科で、年間約1000件の手術件数のうち、約750例は整形外科疾患なので、高齢患者様だけでなく、小児や若い患者様に関わる機会もあります。

患者様と向き合う上で、心がけていることはありますか?

常に向上心を持って関わることを心がけていますね。患者様から学ばせていただいていることを忘れずに、毎回良い学びがしたいという気持ちで向き合っています。

患者様との印象的なエピソードがあれば教えてください。

がんで若くして命を落とされた患者様のことは、今もずっと心にあります。その方は40代の男性で、お子さんも小さく、絶対に助かって欲しい気持ちがありました。以前勤めていた病院では、高齢患者様の看取りに多く携わってきましたが、平均寿命を全うされた方の看取りと、平均寿命に満たない方の看取りは違うんですよね。

若い患者様の終末期ケアは、辛いですよね。

すごく辛いです。頭では分かっていても、向き合って初めて「助からない命」もあることを知り、これからも看護師を続けられるかな?という気持ちになりました。でも、その患者様が亡くなられた後、奥様が気丈な態度で「ありがとうございました」と言ってくださり、私も頑張らなくちゃいけないと思いましたね。

当院の強みは整形外科領域。
地域のために、常に進化を続けています。
リハビリテーション室の様子。病棟とリハビリ科が連携し、術後の早期離床を実現しています。
水野記念病院では、全国でも珍しい「小児整形外科」に力を入れているそうですね。

はい。入職後に知って驚いたのですが、当院の鈴木理事長兼院長は、世界的に有名な小児整形外科の専門医なんです。とても気さくで素敵な先生ですよ。

世界的に有名な先生がいるとは、ビックリです!

鈴木先生が中心となって開発した整形の手術法は、今、世界の主流として用いられているそうで、近隣地域だけでなく、全国から患者様がいらっしゃいます。小児整形はもちろんですが、当院は整形外科全般での実績が高く評価されているんです。

術後のリハビリも行っているんですか?

はい。術後の早期離床のために、PTが毎日のように病棟を訪れるので、リハビリの知識も身に付きます。当院では、急性期の治療・リハビリが中心ですが、近くに同法人の「水野記念リハビリテーション病院」や「水野介護老人保健施設」などがあり、回復期・維持期のリハビリテーションや、在宅復帰支援にも取り組んでいるんです。

法人全体で、切れ目のない医療体制を構築しているんですね。

そうなんです。当院は、時代と地域のニーズに対応するためにリニューアル工事を重ねていて、「地域包括ケア病棟」や「療養病棟」も開設しています。地域医療の発展に向けて、常に進化を続けているので、今後の成長にも期待できる職場だと思います。

1日の仕事の流れ(日勤)
8:30 勤務開始、申し送り
8:50 病室の環境整備
9:00 点滴準備、清潔ケア、看護ケア、
10:00 バイタルサイン測定、検査、手術のケア
12:00 ランチタイム
13:00 カンファレンス、看護計画・評価
14:00 処置介護、記録
15:00 リーダーとミーティング
16:00 申し送り、病棟ラウンド
17:00 勤務終了

お世話になっている上司は?
経験豊富な
大和田師長代行!
さまざまな病院で経験を積んできた師長代行は、知識も豊富で頼れる存在です。
職場周辺のおすすめスポットは?
厄除け大師として有名な
西新井大師★
西新井大師周辺の街並みが気に入っていて、職場から近いので、よく散策しています♪
今日はお休み!何して過ごす?
実家に帰省して
愛犬とお散歩♪
連休をいただけると実家の青森に帰省して、愛犬とお散歩を楽しみながら、のんびり過ごしています。
「水野記念病院」は、うわさ通り職員定着率が高く、家庭的な温かさを感じる職場でした。長く働く先輩が多いと、職場の輪に入れるか不安もありましたが、澤谷さんのお話を聞いてひと安心。学べる領域も幅広く、急性期を中心に、さまざまな疾患・症例の看護に携わることができそうです。近隣には関連施設も多いようで、今後の法人の成長も楽しみ!ここならきっと、未来の私が活躍できそうです。
●患者様に学ばせていただいていることに感謝しよう
●法人全体の歴史・成長もチェックしよう