亀有病院 新卒看護師採用サイト
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07
  • Menu08
  • Menu09
地域医療に興味がある私は、なるべく多くの診療科を経験しながら、退院後も視野に入れた継続的な看護を学んでいきたいと考えています。そんな私が気になっているのは、地域密着型の医療に取り組む「亀有病院」。急性期~慢性期のさまざまな機能の病棟があり、在宅医療にも力を注いでいるんだとか。病院にやってきた私を迎えてくれたのは、入職1年目の松浦さん。地域医療に携わる魅力について、詳しく聞いてみよう!ではさっそく、先輩訪問スタート。
松浦さん (入職1年目)
大病院勤務の卒後3年目に、地域医療に
携わることを決意。一般急性期病棟配属。
※「入職○年目」表記を含む当ページの内容は訪問取材時のものです
地域に暮らす患者様に寄り添い、
退院後の生活まで見据えた看護を展開。
同じ病棟で働くメンバー。年齢・キャリアはさまざまですが、チームとして団結しています!
松浦さんは、何がきっかけでこちらの病院に転職されたんですか?

結婚を機に引っ越しをして、自宅の近くで働きやすい病院を探していたところ、当院を見つけたんです。新卒時は急性期が中心の大規模病院に勤務していたため、今度は規模が大き過ぎない病院で、地域に根差した医療に携わりたいと考えていて、当院は理想的な環境でした。

具体的に、どんなところが理想的でしたか?

急性期の治療に対応する「一般病床」、在宅療養の後方支援も担う「地域包括ケア病床」、長期入院を受け入れる「療養病床」の3つの病棟が混合病棟となっていて、幅広い知識・技術を身に付けられるところです。以前勤めていた病院は、病棟ごとに診療科目が分かれていたので、未経験の看護領域も多かったんですよね。

単科病棟のほうが働きやすいのでは?

私は学びを広げたかったので、混合病棟で働くことができて良かったです。卒後3年間は腎臓内科中心の病棟に勤務していたので、外科系の知識や周術期看護など、当院で初めて学んだことがたくさんありました。

他にもこちらに入職して良かったことはありますか?

患者様の「退院後の生活」まで見据えて関われるようになったことですね。地域医療に取り組む当院では、疾患の治療に留まらず、精神面やご家族との関係、生活を取り巻く環境まで十分理解した上で、入院中から、退院後に必要な支援を考えているんですよ。

看護部の教育体制を見直し、
2021年度より新卒採用を本格始動!
入職後は、ベテランの先輩が教育担当に付き、マンツーマンのOJTを行っています。
私も地域医療に興味があるのですが、新卒でも活躍できるでしょうか?

もちろんです。当院も独自の新人教育プログラムを整備し、2021年度から新卒者を積極的に迎えていきます。所属する「直和会・正志会グループ」では新卒採用が盛んなので、グループ病院のノウハウなども取り入れながら教育サポートを行っていくそうですよ。

へぇ~!2021年度から新卒採用が本格始動するんですね。

ええ、教育担当者によるマンツーマンのOJT体制や、技術チェックリストなども用意し、新卒看護師の成長を全面的にバックアップしていきます。最近、看護部のクリニカルラダーが新しくなり、レベルI~レベルVの段階別の到達目標も設定されたので、継続的な成長も目指せる環境になりました。

院内研修は定期的に開催されますか?

はい。入職時の導入研修はもちろん、看護部内のレベル別の研修や、他職種との合同研修など、毎月1回は実施されています。また、医師が講師となる勉強会も充実していて、先日は外科手術に関する勉強会に参加しました。

他職種と一緒に学ぶ機会も充実しているんですね。

ええ、家庭的な病院規模なので、部署の垣根が低く、他職種との関わりがとても多いです。地域医療では、介護・服薬・リハビリ・食事など、さまざまな生活課題と直面するので、多職種連携は欠かせないと感じています。

より良い治療結果を得るには、
患者様との信頼関係がとても大切です。
一人ひとりの患者様とじっくり向き合い、個別的な看護の提供を目指しています。
印象に残っている患者様とのエピソードを教えてください。

私は卒後2年目に、看護師としてのターニングポイントになるような患者様との出逢いがありました。その方は病院がすごく苦手で、長く受診を拒否しているうちに腎臓の機能が低下し、全身状態が悪い状態で救急搬送されたんです。入院当初は、医師にも看護師にも心を閉ざしていて、まともに会話すらできなかったんですよ。

なかなか気難しい患者様だったんですね。

そうなんです。すぐにでも透析を開始して、食事療法や水分管理などを徹底する必要があったのですが、まずは私のことを信頼してもらおうと、根気よく向き合っていきました。患者様の心を開いて、治療に前向きになっていただくところからが、看護のスタートなんですよね。

なるほど!その後、患者様の信頼を得ることができましたか?

はい。信頼関係を築いてから生活指導を進め、退院後は外来透析に通っていただくようになりました。どんなに医療従事者が全力を尽くしても、患者様の協力が得られなければ、病気の治療は上手くいきません。それぞれの症状に合わせて、薬を飲む、リハビリを継続する、食事に気を配るなど、患者様の努力も必要だと感じています。

松浦さんは、患者様の対応に悩んだ時どうしていますか?

自分一人で悩まずに、先輩を頼るようにしていますね。当院では、毎日のように病棟カンファレンスを開いて、仲間と協力して仕事に取り組む雰囲気があるので、新人さんも仕事の悩みを打ち明けやすいと思いますよ。

休みの希望が通りやすく、残業ほぼナシ。
「亀有駅」南口徒歩5分の便利な立地です。
お世話になっている植山看護部長。とても気さくな人柄で、いつも現場の声に耳を傾けてくれます。
亀有病院の働きやすさはどうですか?

当院には家庭を持つ看護師が多いので、残業は月10~15時間と少なく、ワークライフバランスを大切にすることができています。私は最近結婚したばかりですが、年間休日が120日以上(+有休)あるので、休日は料理を作ったり、夫と出かけたりと、新婚生活を楽しんでいますね。

立地環境もすごく良いですよね。

「亀有駅」南口から徒歩5分の商店街の一角にあり、仕事帰りのお買い物に便利です!私はよく、頑張った自分へのご褒美として、駅前のコーヒーショップでケーキを食べたり、お気に入りのパン屋さんに行ったりしています。

休みの希望は通りやすいですか?

はい。夫が土日休みなので、毎回お願いをしなくても、上司が月に何度か土日のお休みを入れてシフトを組んでくれます。事前に相談すれば連休も取得できるので、のんびりお互いの実家に帰省することもできました。

最後に、今後の目標について教えてください。

当院には幅広い活躍の場が用意されているので、一通りの看護を経験してみたいです。救急外来や手術室、療養病棟、併設の看護ステーションなど、まだ経験していない領域も多いので、いろいろな経験を積む中で深めたい分野を見つけたいと思います。

1日の仕事の流れ(日勤)
8:45 勤務開始、申し送り
9:00 受け持ち患者ラウンド
9:15 清潔ケア
10:30 点滴準備、バイタルサイン測定
12:00 休憩
13:00 患者ケア
14:00 カンファレンス
15:00 電子カルテ入力(記録・看護計画など)
16:45 申し送り
17:15 勤務終了

職場の特徴的なところは?
看護助手さんを
手厚く配置している!
各病棟に看護助手が多く活躍しているので、看護師は本来の業務に専念することができます。
職場周辺のおすすめスポットは?
駅前商店街の
「亀有ゆうろーど」
当院は商店街の一角にあり、仕事帰りのお買い物に便利です!
今日はお休み♪何して過ごす?
実家に帰省して
友人と再会★
連休が取得できると帰省し、看護学校時代の友人と再会しています♪
お会いした松浦さんからは、地域医療に取り組む「亀有病院」で働く魅力をたくさん聞くことができて大満足!2021年度から本格的にスタートする新卒採用に向けて、卒後教育体制やOJT制度を整備している最中とのことで、今後はもっと学べる環境が充実しそう。松浦さんのように、患者様との信頼関係を大切にしながら、地域医療に貢献していけたらいいな。ここならきっと、未来の私が活躍できそうです!
●地域医療では、家族関係や生活背景を理解することも大切
●患者様との信頼関係をベースに治療を進めて行こう