花と森の東京病院 新卒看護師採用サイト
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07
  • Menu08
  • Menu09
進化を続ける病院には、働く魅力がたくさんあるはず。教育もしっかりしているだろうし、いろいろなことにチャレンジできそう!北区西ケ原にある「花と森の東京病院」は、地域密着型の医療を展開しながら、常に時代の先を見据えて病院機能を拡充しているそうです。私を迎えてくれたのは、入職1年目の渡部さん。進化を続ける病院で働く魅力について、いろいろ教えてもらおう!では早速、先輩訪問スタート。
渡部さん(入職1年目)
入職の決め手は、地域密着型病院ならでは
の温かい雰囲気。急性期の混合病棟に配属。
※「入職○年目」表記を含む当ページの内容は訪問取材時のものです
高齢者の方も地域で安心して暮らせるように、
時代を見据えた進化を続ける地域密着型病院。
同じ病棟のメンバー。優しい先輩ばかりなので、すぐに職場に溶け込むことができました。
渡部さんは、なぜ看護の道を志したのですか?

高校時代に自分の将来について考えた時、漠然と「人の役に立つ仕事に就きたい」と思い、まず頭に浮かんだ職業が看護師だったからです。看護科のある大学に進学後、患者様の生活にまで寄り添える地域医療に魅力を感じ、就職活動中はいろいろな地域密着型病院の説明会・見学・インターンシップに参加したんですよ。

こちらの病院への入職の決め手は何でしたか?

地域に身近で温かい病院づくりに取り組んでいる姿勢です。見学で病棟を訪れた時、慌ただしさがなく、患者様への対応も思いやりに溢れていて、自分もこんな看護師になりたい!と思える先輩がたくさん活躍していたんですよ。

渡部さんは、なぜ地域医療に魅力を感じたんですか?

患者様の疾患だけでなく、ご家族のことや生活状況まで把握し、退院後も近い距離で見守っていけるところに魅力を感じています。当院は開院以来、地域の医療ニーズを先読みしながら病院機能を拡充し、敷地内の訪問看護ステーションや地域の関連機関と連携し、時代に求められている「地域包括ケアシステム」の構築を実現しているんです。

こちらの病院では、時代を見据えて病院機能を拡充しているそうですね。

ええ、高齢化の進展を見据えて、年齢を重ねても地域で暮らし続けるための医療体制の確保に取り組んでいます。診療科目を増やし、従来の急性期の病床に加えて、回復期リハビリテーション病床、地域包括ケア病床、ICUなどを増設して、救急から在宅まで切れ目なく対応できる病院になりました。また、敷地内に訪問看護ステーションを開設し、退院後のサポートにも力を注いでいるんですよ。

患者様の退院後の目標まで共有し、
看護師としてできることを見つけていきたい。
患者様とじっくり向き合う時間を大切にして、退院後の目標を共有するようにしています。
渡部さんは、どんな部署で働いているんですか?

急性期の混合病棟です。特に整形外科や脳神経外科の患者様の入院が多いです。当院の手術は整形外科が中心なので、周術期の看護を深めることもでき、術後のリハビリや退院調整に携わる機会にも恵まれています。

印象に残っている患者様のエピソードを教えてください。

今、骨折で入院した高齢の患者様を受け持っているのですが、入院当初は一人で歩けなくなってしまったことがショックで、ずっと落ち込んでいたんです。よく話を伺ってみると、「もうすぐ孫が海外で結婚式を挙げるのに、参加できるか心配」とおしゃっていて、「できれば自分で歩いて参加したい」という想いを打ち明けてくれました。

患者様から、具体的な目標を聞くことができたんですね。

ええ。それまでの私は、退院を目標に患者様と関わってきましたが、「お孫さんの結婚式で海外に行く」という具体的な目標を共有できたことで、その実現に向けて私にできることを考えるようになりました。リハビリスタッフから、歩行訓練のコツやベッド上でのストレッチ方法を教えてもらい、時間を作って病棟で実践しています。

それは素晴らしい!その患者様に変化はありましたか?

まだ身体はリハビリが必要ですが、心が前向きになったようで、目をキラキラ輝かせながらお孫さんの話をしてくれるようになりました。病気やケガによって不自由な生活になれば、落ち込んでしまうのは当然ですが、そこから再び前を向いて進んでいくには、看護師の協力やサポートが欠かせないと感じています。

さまざまなテーマの新人研修が充実。
看護観を育む学びの機会も大切にしています。
1年目はプリセプターの先輩が付き、新人のペースに合わせてマンツーマンのOJTを行ってくれます。
新卒者への教育サポートについて教えてください。

当院の看護部長は看護学校の教員経験があり、教育にとても力を入れています。1年目は、年間教育計画に沿って毎月のように新人研修が開催され、各部署には教育担当者が配置され、OJTを担うプリセプターの先輩もいます。看護方式にPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)を採用しているので、ペアの先輩と一緒に仕事ができるところも安心ですよ。

とても手厚い教育体制ですね。

ええ。あとは、新人が集まって仕事の悩みや疑問点などを共有する「リフレッシュ研修」や、グループ病院の同期との合同研修が開催されることも特徴です。院内の新人研修は、看護の知識・技術を学ぶテーマが中心ですが、グループ病院との研修では「看護倫理」について学んでいます。

へぇ~!いろいろなテーマの研修に参加できるんですね。

そうなんです。当院独自の取り組みとして、年に一度「看護を語る会」という研修も開催していて、日々の看護の中でのつまづきや、ジレンマを感じた瞬間などを振り返る発表を聞き、グループ単位でディスカッションするんです。先輩方の考えを聞く中で、今後の看護に活かせる学びをたくさん得ることができて、とても貴重な時間です。

渡部さんは、看護をする上でどんなことを大切にしていますか?

患者様一人ひとりの「その人らしさ」を大切にしています。患者様が10人いれば、10通りの生活史があるので、それぞれ異なる価値観や人生観を大事にしながら、その人を尊重する看護を提供したいと思っています。

高齢化率の高い北区に寄り添い、
多様な分野のスペシャリストが専門性を発揮。
病棟のカンファレンスの様子。新人の意見にも耳を傾けてくれる温かい職場です。
こちらの病院のある東京都北区って、どんな地域ですか?

北区は都内において65歳以上の人口比率が高い地域で、高齢者の独居や高齢者のみの夫婦世帯の割合が増えています。当院では、そのような地域の実情も把握した上で、認知症ケアや終末期医療にも力を注ぎ、認知症患者様への「院内デイケア」を開設したり、ターミナルケアの指導の場を設けたり、地域の医療ニーズに寄り添っているんです。

高齢化が進む地域のために、他にも取り組んでいることはありますか?

北区の「在宅支援モデル」を確立するため、当院が中心となって、地域のさまざまな関連機関との連携を深めています。当院には、専従の退院支援看護師がいるので、各病棟の退院支援を担当するリンクナースに働きかけて、毎週「退院調整会議」を開いているんですよ。

看護部には、スペシャリストも活躍していますか?

ええ。集中ケア、皮膚・排泄ケア、感染管理の認定看護師4名がいます。当院は、2019年度から看護師の「特定行為研修指定機関」の認定を受け、院内外から特定看護師を目指す職員に学びの場を提供しているんです。

すごい!今後も更なる進化を遂げていきそうですね。

そうですね。看護実習の受け入れも開始したので、今後は新卒者の入職も増え、看護部もますます活気に満ちていくと思います。当院は、南北線「西ヶ原駅」徒歩1分という便利な立地にあり、近くには「職員寮」も用意されているので、地方からの入職も大歓迎ですよ!

1日の仕事の流れ(日勤)
8:30 勤務開始、情報収集、申し送り
9:00 生活支援(環境整備、清潔のケア、ほか)
9:30 与薬準備
10:00 ベッドサイドでの支援
12:00 昼食(交替で45分)
12:45 看護計画、評価、電子カルテ入力、カンファレンス
14:00 バイタルサイン測定
15:30 電子カルテ入力
16:30 申し送り
17:00 終了

将来の目標は?
退院支援の
スペシャリスト★
退院後の生活まで支えていけるように、社会資源や介護保険に関する学びも深めています。
職場でお世話になっているのは?
明るく元気な
看護師長!
看護師長はとても気さくな人柄で、いつも新人の様子を気にかけ、温かい声をかけてくれます。
「花と森の東京病院」は、地域のために発展を続けながら、時代に求められる看護師の育成にも取り組んでいて、とても魅力的な職場でした。開院以来、新しい取り組みを積極的に取り入れていて、看護師の「特定行為研修」の指定研修機関となるために、厳しい選定基準をクリアしたんだとか。お会いした渡部さんは、混合病棟で幅広い経験を積みながら、退院後の目標にも寄り添う優しい先輩。渡部さんのように、長期的な視点で患者様を支えられる看護師になりたい!ここならきっと、未来の私が活躍できそうです。
● 地域や時代に求められる看護を意識して働こう
● 進化を続ける病院には、成長できる環境がある