博慈会 新卒 介護スタッフ・看護助手 採用サイト
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07
  • Menu08
  • Menu09
焦らず、恐れず、落ち込まず、
毎日ベストを尽くして欲しい。
自己紹介と、職場との出会いを教えてください。

高校卒業を機に群馬県から上京して、6年ほど舞台などの大道具の仕事に就いていました。その間、祖母が少しずつ介護が必要な身となり、何かサポートができればと、介護の資格を取ることにしたんです。介護を本業にするか迷いがありましたが、同じ学校に当院の清掃係をしている方が学びに来ていて、「うちの病院で働かない?」と誘ってくださったんですよね。あれからもう16年。ひょんなことからご縁をいただき、ず〜っとこの病院で働いています。

新人時代の思い出を教えてください。

患者様と関われば関わるほど、学校で学んだことがそのままでは通用しない現実に悩んでいました。患者様によって背丈も体重も違いますし、抱える疾患や障害だって異なりますから、全員同じ介助の方法ではうまくいきません。一番よく覚えているのは、オムツ交換時に尿パッドの当て方が悪く、シーツがびっしょりになるほど尿漏れをさせてしまった時のこと。患者様にとても不快な思いをさせてしまい、排泄ケアでも個別性を大切にしなければと、自分の介護を見直すきっかけになりました。

新人時代の失敗から得た教訓は何ですか。

介護の仕事には、画一的なマニュアルなどないということです。どんなケアを行う場合も、一人ひとりの患者様の状況に合わせた方法を考えなければなりません。人間相手なので、すべてが思い通りにはいきませんが、焦らず、恐れず、落ち込まず、毎日ベストを尽くすことが大事です。まずは信頼関係を築いて、自ら患者様に寄り添っていこうと思えば、介護の方法はどんどん広がっていくと思います。

ズバリ! 私はこんな人。
●最近の趣味は?
学生時代はラグビー部に所属していたので、今でも試合を観戦するのが大好き。スポーツ観戦のためにケーブルテレビを契約しているので、休日はラグビーや野球の試合を見て熱くなっています!夜になると、大好きな日本酒に舌鼓。年に数回、お酒がメインの旅行計画を立ててしまうくらいよく飲みます(笑)。先日も連休をいただき、京都で酒蔵巡りを楽しんできました。
●性格を一言で言うと?
根は真面目。
人生のモットーは、偉くなくとも正しく生きる!
●新人に望むことをどうぞ。
患者様との信頼関係を大切に、
人間としてしっかり向き合って欲しい。