セントラル病院 看護助手 新卒・第二新卒採用サイト
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07
  • Menu08
  • Menu09
介護職か看護師の資格取得を考えているけど、現在は無資格・未経験です。自分が医療業界に合うかどうかを確かめるために、無資格でも働ける職種ってないのかな?そんな私が注目したのは、渋谷区という魅力的な立地で、ケアワーカー(看護助手)を募集している「セントラル病院」。ケアワーカーとは、患者様の身の回りのお世話や、看護師が業務に専念できるようにサポートする職種なんだそうです。私を迎えてくれたのは、入職1年目の澤田さん。それでは早速、先輩訪問スタート。
澤田さん(入職1年目)
エイドとして入職後、介護の仕事に
興味を抱き、無資格・未経験から挑戦。
※「入職○年目」表記を含む当ページの内容は訪問取材時のものです
介護の仕事に興味を持ち、
エイドからケアワーカーへ。
お世話になっている加藤看護師長。とても気さくな人柄で、勤務中もよく声をかけてくれます。
澤田さんは、最初はエイドとして入職されたそうですね。

はい。エイドとは、ケアワーカーのサポートを担う職種で、リネン交換やベッドメイク、院内清掃など、患者様に直接関わらない仕事を任されています。身体介助などに携わるケアワーカーは、専門知識がないと難しそうという先入観があり、自分には無理だろうと諦めていたんです。

ケアワーカーの仕事に挑戦しようと思ったきっかけは何でしたか?

身近でケアワーカーの先輩方の働く様子を見る中で、すごくやりがいのありそうな仕事だな、私もやってみたいな…と思うようになったからです。上司からは、ケアワーカーへの切り替えはいつでも可能と言われていたので、思い切って相談しました。

ケアワーカーは、無資格・未経験でもなれるんですか?

大歓迎してもらえます。当院のケアワーカーは、無資格・未経験からスタートして、働きながら介護福祉士や看護師の資格を取得している方が多いと聞きました。在籍するケアワーカーの約半数は介護福祉士の資格を持っているため(2020年1月)、私も実務経験を積んで挑戦したいと思っているんですよ。

働きながら、資格取得を目指すことができるんですね。

そうなんです。当院では、毎年5~6名のケアワーカーが介護福祉士の国家試験に挑戦しています。資格があったほうが自分のケアに自信が持てますし、手厚い資格手当も付くので、取得を目指すスタッフが多いのだと思います。

介護に関する知識・技術はもちろん、
医療の知識も自然と身に付く職場です。
入職後は、ベテランのケアワーカーの先輩が1対1で指導してくれます。
ケアワーカーって、どんな仕事をするんですか?

主な仕事は、食事・入浴・排泄の介助などの患者様の身の回りのお世話や身体介助です。ほかには、看護用品の点検や他職種への患者様の情報伝達など、看護師さんの仕事を多方面からサポートする役割も担っています。

介護施設の介護スタッフとの違いは何ですか?

私たちは看護部所属なので、看護師さんと同じ部署の仲間として協力していることが大きな違いです。それから、当院の患者様は介護施設に入所できないくらい医療ニーズが高いため、些細な変化に気付く観察力を養ったり、医療知識を身に付けたりと、病状の急変を未然に防ぐための学びをしていることも違いですね。

介護技術以外にも、求められるスキルがあるんですね。

そうですね。でも、入職時には新人オリエンテーションが開催されますし、看護師さんと合同の勉強会も定期的に行われるため、専門知識は働きながら学んでいくことができます。また、現場でも日替わりで教育担当の先輩が付いてくださり、マンツーマンのOJTを行ってくれるので安心ですよ。

教育サポートが充実していますね。

ええ、私のように無資格・未経験の場合は、OJT期間を長く設けていただけて、先輩とペアを組んで一緒に動き、一つひとつの業務のやり方・注意点などを細かく教えてもらえます。ケアワーカーの先輩方は、キャリア10年以上のベテランさんも多く、とても丁寧な指導を受けることができました。

楽しい入院生活を送っていだたくために、
レクリエーション活動に力を入れています。
患者様と向き合う際は、笑顔とコミュニケーションを大切にしています。
セントラル病院グループは、本院・分院・松濤の3つに分かれているそうですね。

はい。3病院とも高齢者の慢性期医療に特化し、都内最大級の療養型病院グループとして、地域に長く貢献しています。病院間は歩いて行き来できる距離なので、建物は違っても、職員同士の連携が図りやすいです。

入院患者様は、どんな方が多いですか?

80代~90代の方が大半で、介護度が高く、車椅子の方や寝たきりの方も多いです。そう聞くと、活気のない職場を想像をされるかもしれませんが、実際はすごく明るくて、職員と患者様の笑顔で溢れています。離床時間を大切にしているので、患者様は食堂に集まってテレビを観たり、工作や塗り絵を楽しんだり、穏やかに過ごされているんですよ。

患者様のために取り組んでいることはありますか?

入院生活を彩るレクリエーション活動に力を入れています。「レクリエーション委員会」が中心となって、月に一度の誕生日会をはじめ、季節ごとの行事や、地域のボランティアさんによるイベント、時には外出レクリエーションなども取り入れながら、生活のメリハリを大事にしています。

介護施設のような雰囲気もあるんですね。

そうですね。病院と介護施設、両方のやりがいを感じることができる職場だと思います。患者様は、最期まで当院で過ごすことを希望されている方が多いため、すべての職種が「生活の質」をとても重視しているんですよ。

患者様の命を預かっていることを忘れずに、
責任感を持って仕事に取り組んでいます。
新卒者はもちろん、第二新卒者や異業種からの転職者も大活躍しています!
仕事をしていて、大変だなと感じるのはどんな時ですか?

ケアワーカーとして働き始めてすぐに、介護って見るのとやるのとでは全然違うなと感じました。私には子どもがいるので、育児経験を活かして食事介助やオムツ交換ができるのでは?と考えていましたが、実際はそんなに甘くなかったです。

そうなんですね。最初は仕事で失敗することもありましたか?

ええ、食事介助中に患者様がむせてしまい、すぐに先輩がサポートに入ってくれました。患者様の食事介助は誤嚥のリスクを考えて、姿勢や座り方などにも注意しなければいけないんです。新人のうちは先輩方が近くで見守ってくれていますが、人の命をあずかっている身であることを常に忘れないようにしています。

オフの時間に自己学習などもしていますか?

はい。最近は、YouTubeに介護に関する動画がたくさんアップされているので、勉強というよりは楽しみながら観ていますね。あとは、パソコンやスマホから学べる「eラーニング」が導入されているので、ちょっとした空き時間に関心のあるテーマの研修動画を閲覧しています。

最後に、学生に向けてメッセージをお願いします。

当院は「働きやすさ」も整った職場で、残業はほとんどなく、希望のお休みが取得しやすいです。昇給・賞与・各種手当なども充実していて、頑張りがしっかり評価される点も嬉しいポイント。「神泉駅」徒歩5分、「渋谷駅」徒歩約13分という魅力的な立地なので、仕事帰りの楽しみも広がると思います!

1日の仕事の流れ(日勤)
8:30 勤務開始、朝食介助
9:30 ミニカンファレンス、排泄介助
10:30 昼食準備、患者様をサロンへ
12:00 昼食介助
12:30 昼休憩
13:30 排泄介助
14:30 レクリエーション
15:00 おやつ介助
16:30 勤務終了

職場の自慢できるところは?
便利な「渋谷駅」まで
徒歩約13分の立地★
毎日ほぼ定時に退勤できるため、仕事帰りは「渋谷駅」周辺でショッピングを楽しむことが多いです。
職場の特徴的な取り組みは?
入院生活を彩る
レクリエーション活動
ケアワーカーが中心になって、季節にちなんだレクリエーション活動を開催しています。
今日はお休み!何して過ごす?
大好きな
浅草周辺を散策♪
浅草が好きなので、休日はよく散策に出かけます。美味しいゴハン屋さんやカフェを巡るのも好きです。
お会いした澤田さんからは、ケアワーカーの業務内容はもちろん、職場の魅力や教育体制まで詳しく教えていただけて大満足!医療と介護に興味がある人にとって、無資格・未経験でも正職員になれる職場というのは嬉しいですし、介護福祉士や看護師にキャリアアップしている方もいるそうで、将来性のある職業だなぁと思いました。「セントラル病院」は、待遇面がしっかりしているし、残業もほとんどなく、渋谷に近い立地もすごく魅力的!ここならきっと、未来の私が活躍できそうです。
●ケアワーカーは、医療にも介護にも興味がある方におすすめ
●未経験から専門知識を学んで、キャリアアップしていこう