セントラル病院 看護助手 新卒・第二新卒採用サイト
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07
  • Menu08
  • Menu09
私は無資格・未経験です。将来的には、介護職か看護師の資格取得を考えているけど、とりあえず今は、自分が医療業界に合うかどうかを確かめてみたいです!そんな時、ふと目にとまったのがケアワーカーを募集している渋谷の「セントラル病院」。ケアワーカー(看護助手)とは、患者様の身辺のお世話や、看護師が業務に専念できるようにサポートする職種なんだとか。病院にやってきた私を迎えてくれたのは、入職3年目の宮森さん。ケアワーカー(看護助手)の仕事内容について、もっと詳しく教えてもらおう!それでは早速、先輩訪問スタート。
宮森さん (入職3年目)
大学卒業後は、訪問介護の道へ。
介護技術を更に磨こうと転職を決意。
※「入職○年目」表記を含む当ページの内容は訪問取材時のものです
介護技術のスキルアップを目指し、
療養型病院で働くことを決めました。
一緒に働くケアワーカー(看護助手)の仲間。新卒者だけでなく、第二新卒者や異業種からの転職者も大活躍しています!
宮森さんは、大学時代から介護の勉強をしていたんですか?

いいえ。全く異なる学部を専攻していて、将来は、ホテルや受付などのサービス業に就きたいと考えていました。でも、就職支援サイトを見る中で、介護系の企業がサービス業のジャンルに多く掲載されていて、ちょうど父親が入院していたこともあって興味が沸いたんです。

最初は、訪問介護の道を選んだそうですね。

はい。多様な介護ビジネスを展開する大手企業に就職して、たまたま配属されたのが訪問介護事業所でした。無資格・未経験スタートで、3カ月ほど初任者研修の学びがあったのですが、その後すぐに現場に出ることになり、「もう少し技術を勉強したい」というのが本音でした。在宅なので、自立している方が多いとはいえ、今振り返るとオムツ交換に必要以上に時間がかかっていたなと思います。

転職を考えたきっかけは何でしたか?

自分の介護技術に自信が持てないまま、サービス提供責任者を任されたことです。サービス提供責任者になると、利用者様の介護サービスの計画を立てるほか、事業所で働く職員への指示出しや、技術指導にも携わらなければなりません。当時の私は指導者のレベルまで達していなかったですし、慣れない事務作業で残業も増え、転職を考えました。

大変でしたね。セントラル病院に入職した決め手は何でしたか?

転職で一番重視したのは、介護技術のスキルアップ。だから、身体介助に携わる機会の多い療養型病院に注目しました。あとは、東急田園都市線沿いに住んでいるので、「渋谷までの定期があったら嬉しいな」という気持ちもありましたね(笑)。渋谷駅から徒歩圏内の療養型病院である当院は、私の希望する条件にピッタリあてはまっていたんです!

介護はもちろん、医療知識も自然と身に付く、
ケアワーカー(看護助手)として働く魅力。
患者様の小さな体調の変化にも気付けるよう、じっくり向き合う時間を大切にしています。
ケアワーカー(看護助手)って、どんな仕事をするんですか?

当院では、食事・入浴・排泄といった患者様の身辺のお世話と、ベッドメイクなどの環境整備、看護用品の点検、他職種への患者様の情報伝達など、看護師さんの仕事を多方面からサポートしています。老健や特養などの介護施設で働くイメージとは、ちょっと違いますね。

介護施設の介護スタッフとの大きな違いは何でしょう?

私たちは看護部所属なので、看護師さんと同じチームのメンバーとして働いています。あとは、介護施設に入所できないくらい医療ニーズが高い患者様がたくさんいらっしゃるので、些細な変化を察知する観察眼や、医療知識に基づいた観察能力など、急変を未然に防ぐための取り組みをしているのも違いですね。

介護技術以外にも、疾患の知識や変化を観察する力が求められるんですね。

ええ。でも、無資格・未経験から挑戦できますし、看護師さんと合同の勉強会が定期的に開催されるので、専門知識は入職後に学んでいけます。当院では、無資格・未経験の方も正職員として雇用していて、介護系の資格を取ると、さらに手当が付くんです。私は介護福祉士の資格取得を目標にしていて、実は今週末が試験なんですよ~。

試験、頑張ってくださいね!仕事と勉強は、うまく両立できましたか?

はい。実働7時間と勤務時間が短く、残業がほとんど発生しないので、勉強の時間をしっかり確保できました。最近は試験勉強に本腰を入れていますが、仕事の後に渋谷で買い物をしたり、職場の仲間と飲みに行ったり、アフター5を満喫しています!

楽しい入院生活を送っていだたくために、
レクリエーション活動に力を入れています。
レクリエーションの一環として、患者様の誕生日月には、「誕生日会」を開催しています。
セントラル病院グループは、本院・分院・松濤の3つに分かれているそうですね。

はい。3病院とも高齢者医療に特化し、都内最大級の療養型病院グループとして、地域に長く貢献しています。病院間は歩いて行き来できる距離なので、建物は違っても連携しやすいんですよ。

入院患者様は、どんな方が多いですか?

80~90代の高齢の方が大半で、介護度も高いです。車椅子の方、寝たきりの方が多いので、身体介助のスキルはかなり上がりました。療養型病院と聞くと、活気のない職場を想像をされるかもしれませんが、現場はすごく明るくて、職員と患者様の笑顔で溢れています。離床時間を大切にしているので、患者様は食堂に集まってテレビを観たり、工作や塗り絵を楽しんだり、穏やかに過ごされています。

患者様のために、どんな取り組みに力を入れていますか?

レクリエーション活動にすごく力を入れています。「レクリエーション委員会」が中心となり、月に一度の誕生日会をはじめ、季節ごとの行事や、地域のボランティアさんによるイベント、時には外出レクなども取り入れながら、入院生活にメリハリをつけられるよう取り組んでいます。

介護施設のような雰囲気もあるんですね。

そうですね。病院と介護施設、両方のやりがいを感じられる職場です。患者様は、最期まで当院で過ごすことを希望されているので、すべての職種が「生活の質」を重視しています。

患者様やご家族の貴重な意見から、
自分自身を成長させていきたい。
入職後は、ベテランのケアワーカー(看護助手)の先輩が1対1で指導してくれます。
新人さんへの教育は、どのように行っていますか?

仕事に慣れるまで教育係の先輩が付き、手厚い現場指導をしてもらえます。ケアワーカー(看護助手)の先輩は、キャリア10年以上のベテランの方が多く、とても丁寧な指導を受けることができました。入職当初は、一つひとつの介助に時間がかかっていましたが、「ゆっくりで大丈夫だから」と、温かく見守ってもらえましたよ。

仕事をしていて、大変だなと感じるのはどんな時ですか?

言葉でのコミュニケーションが取れない患者様もいるので、私の介助のやり方で不快な思いをされていないか、心配になることがありました。でも最近は、患者様の表情や仕草をよく観察して、ご家族のアドバイスなども参考にしながら、その方に合わせた介助方法を考えるようにしています。

仕事をしていて、一番のやりがいを感じるのはどんな時ですか?

終末期の患者様も多いので、看取る機会も多いのですが、ご家族からはいつも、「本当にありがとうございました」と、感謝していただけるんです。あの時の対応がすごく良かったとか、こんな言葉で本人が喜んでいたとか、具体的な場面を覚えていてくださった時には、「患者様の死は悲しいけれど、その貴重な意見からケアの質を上げていこう!」と前向きに捉えています。

お世話になっている上司は?
頼りになる
加藤看護師長!
ケアワーカー(看護助手)の声にも耳を傾け、意見を尊重してくれます。
職場の自慢できるところは?
プライベートでも
職員同士が仲良し!
仕事の後に、よく「渋谷駅」周辺で職場の飲み会を開催しています★
今日はお休み♪何して過ごす?
料理を作って
友人と宅飲み!
休日は友人を自宅に招いて、手料理を振舞って、一緒にお酒を楽しんでいます。
ケアワーカー(看護助手)って、どんな仕事かイメージができていなかったけど、宮森さんのお話を聞いて、その幅広い業務内容はもちろん、やりがいや魅力まで伝わってきました。医療と介護に興味がある人にとって、無資格・未経験でも正職員になれる職場というのはなかなかないですし、介護福祉士や看護師にキャリアアップしている方もいるそうで、将来性のある職業だなぁと思いました。セントラル病院は、待遇もしっかりしているし、残業もほとんどなく、渋谷に近い立地もすごく魅力的!ここならきっと、未来の私が活躍できそうです。
●ケアワーカーは、医療にも介護にも興味がある方におすすめ
●未経験から専門知識を学んで、キャリアアップしていこう