吉川中央総合病院 新卒看護師採用サイト
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07
  • Menu08
  • Menu09
先輩オススメ!研修

私のおすすめは、「緩和ケア研修」!多職種による「緩和ケアチーム」があって、毎月1回、チームメンバーが専門講義を行ってくれます。がんと闘う患者様は、どの病棟にもいらっしゃるため、精神面へのアプローチや、日々の関わりの中で配慮する点など、ためになる学びがたくさん得られます。

安心の新人教育
技術の確立も大切ですが、患者さんの立場になった接遇により喜んでもらうことが看護の基本。
それに初期段階から気づけるような教育・指導を目指します。

教育専従看護師を導入し、教育の充実を図っています。
新たな環境での不安を取り除くフォロー体制も整えており、3年連続で新人離職者ゼロを達成することができました。

クリニカルラダーシステムやプリセプター制度を導入し、一人ひとりの成長段階に添った教育を行っています。
新入職者が月1回提出しているハンドブックや、年3回の教育担当者との面談により、個々の悩みや状況の把握に努め、全スタッフが一丸となって、新人看護師を見守り、育てていく環境を整えています。
ぐんぐん成長スケジュール
同期と一緒に技術を学ぶ集合研修のあと、実際に部署に戻り、プリセプターと一緒に現場で実践して行きます。
各月ごとにテーマを設け、無理せず着実に成長できると好評です。
  集合教育 部署教育
4月 ○医療安全・災害対策・接遇
○感染予防・援助技術(食事・排泄・呼吸)
→部署教育 →全体カンファレンス3回
5月 ○救命救急処置・輸血・人工呼吸
○与薬・夜勤準備・リフレッシュ研修
○報告・連絡・相談
→部署教育 →全体カンファレンス3回
6月 ○救急看護・心電図・多重課題・看取り
○技術フォローアップ研修
○3か月目フォローアップ研修
→部署教育 →全体カンファレンス3回
7月 ○メンバーシップ
○フィジカルアセスメント(院外)
→部署教育
8月 ○新人のための薬の知識(院外) →部署教育
9月 ○6か月目フォローアップ研修
○新人のための臨床検査(院外)
→部署教育
10月 ○感染 →部署教育
11月 ○看護過程
○院内留学(5日間)
→部署教育
12月 医療安全 →部署教育
3月 ○1年目フォローアップ研修 →部署教育
「院内留学」は、配属先以外の部署を体験する制度。病棟から外来へ、外科から手術室へ、など、希望の部署で研修します。普段はあまり体験できない看護を学ぶことができ、全体を知る機会でもあります。
1年目に5日間ほど実施するほか、2年目以降も院内留学制度を使い、看護の視野を広げ、中堅看護師として成長できます。
クリニカルラダー
クリニカルラダーレベルを4段階とし、新人看護職員はレベル0として扱い、レベルI は支援を受けながら必要なケアを提供できる2年目、レベルII は自律してケアを提供できる3~4年目、レベルIII は看護チームにおいてロールモデルとなり後輩を育成できるレベルとして5年目以上、レベルIV は担当部署の目的達成に貢献することができる主任職に準じたレベルとして臨床経験を目安対象としてあります。
到達レベルは次の通りになります。
レベルI
2年目
【支援を受けながら必要なケアを提供できる】
1.指導を受けながら看護過程の展開ができる
2.看護技術チェックリストに沿って実施できる
3.看護部組織の一員としての自覚を持ち、チームメンバーとして助言を受けながら業務を遂行できる
4.看護技術を支えるために必要な管理的側面の理解ができる
レベルII
3~4年目
【自律してケアを提供できる】
1.対象に合わせた看護過程の展開ができる
2.看護部組織の一員としての自覚を持ち、業務リーダーとしての役割を遂行できる
3.看護技術を支えるために必要な管理ができる
レベルIII
5年目以上
【看護チームにおいて、ロールモデルとなり後輩を育成できる】
1.対象に合わせた看護過程の指導ができる
2.看護チームのリーダーとしての役割を遂行できる
3.看護実践のロールモデルとなれる
4.看護技術を支えるために必要な管理について指導ができる
レベルIV
主任職に準じたレベル
【組織の目標達成に貢献することができる】
1.熟練した看護実践を指導できる
2.組織・看護部の方針を理解した行動がとれる
3.組織の課題を理解し、目標に向かって管理行動がとれる
看護管理者のキャリア開発のためのマネジメントラダー、専門分野でのスペシャリストのためのテクニカルラダーを用いて、幅広い経験と知識・能力を備えた人材育成を行っています。