八潮中央総合病院 新卒看護師採用サイト
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07
  • Menu08
  • Menu09
私の夢は、救急対応からターミナルケアまで「なんでもできる看護師」になること。だから、いろいろな症例が看られる総合病院への就職を考えています。上尾中央医科グループ(AMG)の八潮中央総合病院は、2016年に新築リニューアルOPENした新卒採用に積極的な病院。オリジナルの教育制度を整え、1人ひとりの新人に合った指導計画を立てているんだとか。私を迎えてくれたのは、入職1年目の磯貝さん。教育が手厚い総合病院では、どんな学びができるんだろう?では早速、先輩訪問スタート!
磯貝さん(入職1年目)
急性期の外科病棟配属。実習時の
指導力の高さに魅かれ、入職を決意。
※「入職○年目」表記を含む当ページの内容は訪問取材時のものです
当院は、幅広い診療機能を持つ地域の基幹病院。
さまざまな分野の看護を学ぶことができる職場です。
ぜひ一度、私たちの職場に見学に訪れてください!
磯貝さんは、県外の看護大学を卒業されたそうですね。

はい。当院は看護実習先で、地元が埼玉ということもあり、実習前から注目していたんです。実習時は旧病院でしたが、もうすぐ新築移転リニューアルするという情報を知ったので、すごく良いタイミングだなと思いました。

看護実習の時の印象はどうでしたか?

学生の気持ちに寄り添いながら、すごく分かりやすい指導をしていただいて、「この職場なら成長できそう」と感じました。看護部では、指導者の育成にとても力を注いでいて、実習指導者の資格を持つ先輩が20名以上も在籍しているんですよ。

入職の決め手になった条件は、他にもありましたか?

新築移転を機に医療設備も一新されると聞きましたし、幅広い診療科を持つ総合病院であることも魅力でした。当院は、地域の基幹病院として、急性期病棟、回復期リハビリテーション病棟、障害者病棟、緩和ケア病床など、幅広い入院機能があり、行政とも連携しながら「地域密着型医療」を展開しているんです。

そうなんですね。私は、幅広く学べる総合病院への就職を考えているんです。

だったら、当院はピッタリの職場環境だと思います。病棟だけでなく、救急外来、透析室、手術室、併設の訪問看護ステーションなどもあり、新人は入職後の「1stローテーション研修」で、全部署を体験してから自分に合った配属先を決めることができます。

オリジナルの新人研修が充実!
研修を通して、同期との交流も深まります。
同期とは、プライベートでも大の仲良し!お互いに励まし合いながら頑張っています。
磯貝さんの配属先はどちらですか?

第一希望の外科の急性期病棟です。看護部の同期は19名いるのですが、ほぼ全員が希望通りの配属でした。外科病棟は、一通りの看護技術を学べる病棟ですが、整形外科などの一分野に特化した病棟の場合は、秋〜冬に「2ndローテーション研修」も用意されています。

「2ndローテーション研修」では、どんなことをするんですか?

自分の配属先では学べない技術を補うために、数日間他の病棟に学びに行きます。各病棟の教育担当者が話し合いをして、その新人に必要な知識・技術が身に付く病棟を提案しているんですよ。

へぇ~!他にも、新人向けの研修はありますか?

はい。1年目は3カ月ごとに「フォローアップ研修」が開催され、同期全員で振り返りを行い、課題や目標を明確にしていきます。また、仕事の悩みの共有や、休日の過ごし方を紹介し合うなど、いろいろなことを語り合える時間もあったので、同期間の距離がすごく縮まりました。

研修を通して、同期との交流を深めることができるんですね。

そうなんです。当院は上尾中央医科グループ(AMG)なので、系列の看護専門学校を卒業した同期が多かったのですが、今では卒業校に関係なく仲良しです。

新人指導は、病棟スタッフ全体で!
焦らず、マイペースに成長していけます。
いろいろな先輩が指導係になって、丁寧なOJTを行ってくれます。
現場教育は、どのように行われていますか?

現場教育は、特定の指導者によるマンツーマン指導ではなく、チーム全体で指導を行うスタイルです。実習指導者の資格を持つ先輩方が、各病棟の「教育担当者」という役割を担い、病棟メンバー全員に「新人を育てる意識」を持つように働きかけています。

新人教育にすごく力を入れているんですね。

そうなんです。一人ひとりに合わせた指導を行うために採用人数を決めていて、だからこそ、一人ひとりの新人に合った教え方や、教えるペースにまで配慮してもらえるんだと思います。

なるほど。いつ頃から夜勤に入りましたか?

私は10月でした。夜勤開始前には、病棟師長との個人面談があり、仕事で不安なことはないか、無理なく夜勤に入れそうか、事前に確認してもらえるんです。上司や先輩と距離が近いので、仕事中も質問がしやすいですし、面談以外でも相談があればしています。

同期だけでなく、上司や先輩とも良い関係が築けていますね。

ええ、人間関係には本当に恵まれています。希望休・有休の相談なども気兼ねなくできるので、ちょっと疲れてるな、リフレッシュしたいなという時には、連休をいただいています。先日も、大好きなテーマパークに泊まりで行って来ました!

患者様から学んだ「人に寄り添う姿勢」。
いつまでも忘れずに、心に持ち続けたいです。
一人ひとりの患者様に寄り添っていけるよう、じっくりと向き合っています。
1年目に、一番印象に残っている看護のエピソードを教えてください。

初めてCVポート(薬剤を投与するために、皮膚の下に埋め込んで使用するもの)へ穿刺を行った患者様のことは、ずっと忘れられません。その患者様は、がん末期のターミナルの方で、痛みや疲れを感じているはずなのに、新人である私の成長を応援してくれたんです。

その患者様から、どんな言葉をかけられたんですか?

おそるおそる穿刺をしようとする私に、「大丈夫だよ。頑張ってね」と、笑顔で応えてくれました。普通だったら、新人の穿刺は失敗されそうで怖いじゃないですか。でも、その方は優しく見守ってくれて、私も安心して行うことができたんです。その時、相手に寄り添うってこういうことなんだ!と気付くことができました。

患者様から、「寄り添う姿勢」を教えていただいたんですね。

はい。正直、それまでは「人に寄り添う」って、どんなことをすればいいのか分かっていませんでした。あの時、あの患者様が私にしてくださったように、まずは、相手の気持ちになってみること。そして、相手に安心感を与えること。まだまだ自分が目標とする看護師像には至っていませんが、あの時の患者様の笑顔を胸に、地道に頑張っていこうと思っています。

最後に、磯貝さんの目標を教えてください。

まずは一通りの知識・技術を身に付け、深めたい看護領域が明確になったら、認定看護師の資格取得を考えています。当院には、認知症や緩和ケアなどの認定看護師が活躍していて、いつか私も…と、憧れているんですよね。身近に尊敬できる先輩が多いので、目標に向かって前向きに頑張れていますよ!

1日の仕事の流れ(日勤)
8:30 勤務開始、申し送り
9:00 患者様の清拭、看護ケア、オペ患者入室介助
11:00 バイタルサイン測定、点滴管理、ドレーン類の観察
12:00 食事配膳、食事介助、与薬
13:00 休憩
14:00 バイタルサイン測定、処置、オムツ交換、術後管理
16:00 ラウンド後、リーダーナースへの申し送り
17:30 勤務終了

お世話になっている上司は?
部下想いの
工藤看護部長
工藤部長は、3人のお子さんを育てるお母さん。新人のことをいつも温かく見守ってくれています。
嬉しい福利厚生は?
職場の近くにある
きれいな職員寮★
私は実家からマイカー通勤ですが、地方出身の同期は職員寮を利用しています。
今日はお休み!何して過ごす?
仲良しの同期と
ゴハンへ!
同期とはプライベートでも仲が良くて、よく一緒に食事に行きます!
救急看護から在宅支援まで幅広く学べる「八潮中央総合病院」は、まさに私の理想とする職場でした。オリジナルの教育制度も魅力的でしたし、自分のペースを大切にしながら、着実に成長して行けそうな職場です。各病棟の「教育担当者」という存在や、ローテーション研修後に配属を決められるシステムも、新人にとってはすごくありがたいと思いました。磯貝さんのように、自分に合った領域を見つけた後は、そのエキスパートになれたらいいな!ここならきっと、未来の私が活躍できそうです。
● ローテーション研修を通して、自分に合う病棟を見つけよう
● 患者様と関わる中で、学ぶことはたくさんある