苑田会 新卒看護師採用サイト
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07
  • Menu08
  • Menu09
就職先を大学病院にするか、民間病院にするかで悩んでいます。それぞれ違う魅力がありそうだけど、私はどちらに向いているかな? 医療法人「苑田会」は、急性期から慢性期、専門分野まで幅広い病院を展開していて、その成長ぶりが注目されていると聞きました。大学病院と変わらない医療設備を持ち、新卒採用にも積極的だそうです。私を迎えてくれたのは、苑田第一病院に入職して2年目の神崎さん。苑田会グループの魅力について、いろいろ教えてもらおう!では早速、先輩訪問スタート。
神原さん(入職2年目)
苑田第一病院の看護実習で感じた
温かい雰囲気に魅かれ、入職を決意。
※「入職○年目」表記を含む当ページの内容は訪問取材時のものです
看護師としての第一歩は、
しっかり基礎固めができる病院を選びました。
入退院が多く忙しい中でも、仲間を助け合うチームワークを大切にしています!
神原さんの看護実習先は、苑田第一病院だったそうですね。

はい。看護科のある高校に通っていて、准看護師の実習は「苑田第一病院」でお世話になりました。その後、専門学校に進んで看護師の資格を取得したのですが、高校時代の実習の思い出がずっと残っていたんですよね。

苑田第一病院での実習で、どんな印象を受けましたか?

院内に家庭的な温かさが漂っていて、優しい看護師さんが多いなと感じました。大学病院なども見学しましたが、当院のような雰囲気は感じなかったです。あと、グループ内にいろいろな病院があり、興味に合わせてグループ病院への異動も可能と伺い、いろいろな経験が積めそうと思いました。

初めて働く職場に、苑田第一病院を選んだ理由は何ですか?

最初は急性期に特化した当院で、看護全般のスキルを身に付けたかったからです。将来どんな領域に進むにしても、まずは土台となる基礎看護力が必要ですから、診療科目が多く幅広い症例を診られる環境を選びました。

実際に働いてみて、看護の土台づくりに適した職場だと感じますか?

はい。年間1万台以上の救急搬送に対応している急性期病院ですから、手術件数も症例件数も多く、次のステップに向けての土台づくりには最適な職場です。忙しい現場でしっかり教育してもらえるか不安でしたが、新卒採用人数が少ない分、私に合ったペースで指導していただけました。

職員間の距離の近さ、患者様との距離の近さが
苑田会グループの魅力です。
仕事で困ったことがあると、職場の先輩方が助けてくれます。
入職時に新卒の同期は何人いましたか?

4人です。配属先がバラバラで少し心細かったですが、先輩方とすぐに打ち解けることができました。もしも同期が多かったら、同期だけで固まっていたと思いますが、病棟に新卒が1人だったので、先輩方が気にかけてくれて仲良くなれました。

先輩方と仲良くなれるのはいいですね!

はい。当院はすごく「新人ウェルカム!」な雰囲気です。仕事仲間というより、家族が増えたような感覚で、ドクターは娘のように可愛がってくれていますよ(笑)。こういう家庭的な雰囲気は、民間病院ならではの魅力です。

実は私、就職先を民間病院にするか、大学病院にするかで悩んでいるんです。違いって大きいですよね?

一口に民間病院と言っても、いろいろですよね。苑田第一病院は、設備も診療体制も大学病院とあまり差がないように感じます。最近は、大学病院からの紹介患者様が増えていますし、MRI検査などは待ち時間の少なさで当院を選ぶ患者様も多いんですよ。

へぇ〜!では、苑田会グループの病院と大学病院の違いってどんな部分でしょう?

職員間の距離の近さ、地域の患者様との距離の近さですね。一緒に働く仲間の生活を把握しているので、私のように一人暮らしをしているスタッフや、お子さんのいるスタッフの私生活の部分まで配慮してくれます。患者様にも家族同然のように向き合っていて、お身体の具合を伺うだけでなく、いろいろなお話を楽しんでいますよ。

グループ全体の教育委員会を設立し、
すべての病院で手厚い教育を実現しています。
患者様に元気を与えられる看護師を目指して、積極的にコミュニケーションを取っています。
苑田会グループの教育体制は、病院ごとに違うんですか?

いいえ。グループ全体の教育委員会があるので、研修内容やクリニカルラダーが統一されています。だから、どの病院でもしっかりと教育が受けられますし、グループ全体の合同研修や、他院でのオープン講座なども盛んです。

新卒者には、どんな教育プログラムが用意されていますか?

最初はオリエンテーションとして、グループ病院や関連施設を見学し、各病院の役割や連携体制を教わります。病院配属後は、集合研修で基礎的な知識・技術を学び、OJTは1年間の「プリセプターシップ」。プリセプターの先輩は、苑田会独自のチェックリストをもとに、3ヶ月ごとに達成度を評価してくれるんですよ。

手厚い教育体制ですね。新人の夜勤はいつから開始ですか?

8月に「夜勤開始オリエンテーション」があり、目標は9月スタートですが、個々のレベルを考慮した上で見定めてもらえます。夜勤に不安が大きい場合は、開始時期を遅らせてもらえるんですよ。

それは安心!グループ病院のスタッフと交流する機会はありますか?

はい。1年目は、グループ全体の新卒が集まる「リフレッシュ研修」があるので、他院の同期とも仲良くなれると思います。それ以外にも、苑田会全体の「看護症例研究発表会」や「病院別症例発表会」なども開催されるので、各病院の取り組みを知ることができます。

楽しいイベントや福利厚生が充実。
スタッフをとても大切にしてくれます。
お世話になっている看護部長。各病棟に顔を出し、スタッフとの会話を大切にしてくれます。
苑田会グループは、職員向けのイベントも多いそうですね。

はい。「職員旅行」「運動会」「望(忘)年会」の三大イベントがあります。運動会は、スタッフの家族や地域の方など、1000人以上が参加するビッグイベントらしいのですが、私が働き始めて2年連続雨で中止になっているので、「今年こそ晴れますように!」って願っています(笑)。

1000人以上の運動会って、すごく楽しそう!

先輩方もみんな楽しみにしていますよ。「チャンコ鍋食べ放題&生ビール飲み放題」という特典付きなので、競技に参加しなくても楽しめるそうです。スペシャルゲストとして、足立区内にある「大相撲玉ノ井部屋」の力士たちも招いているって聞きました。

イベント以外にも、福利厚生は充実していますか?

はい。職員寮の家賃は1ヶ月1万5千円と格安ですし、職員食堂のランチも1食250円とお手ごろな値段。育児支援として「法人合同の託児所」があり、ご家族の介護支援としてグループ会社「明昭」の介護施設が利用しやすくなっています。

苑田会グループは、これからどんな方向に向かっていくのでしょうか?

「住み慣れた地域で、生命の誕生から終わりまでを支えていきたい」という理事長の想いを実現するために、グループ内の連携体制を一層強化する方針です。ここ数年の間に新病院も増え、職員数も増えているので、今後が本当に楽しみです!

職場の自慢を教えて!
ドクターと看護師の
仲の良さ!
気さくなドクターばかりで、父と娘のように仲良くしています(笑)!
看護部の名スタッフは?
専門資格を持つ
スペシャリストのお二人!
感染制御看護師(写真左)と脳卒中リハビリテーション看護認定看護師(写真右)が活躍しています。
お会いした神崎さんからは、苑田会グループの特徴や民間病院で働く魅力などを教えていただき、職場選びの参考になりました。大学病院の方が教育環境が整っているイメージだったけど、苑田会グループはしっかりとした新人教育体制が構築されているし、組織の成長に伴って学べる環境が広がりそう!家庭的な職場の雰囲気や、福利厚生の充実もすごく魅力的でした。ここならきっと、未来の私が活躍できそうです。
● 最初の数年間は、看護師としての土台をつくろう
● 勉強会やイベントなど、グループ病院のメリットは大きい