竹柿会 新卒介護スタッフ採用サイト
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07
  • Menu08
  • Menu09
私は、入居者様それぞれの生活に寄り添っていける「ユニットケア」に興味があります。ユニットケアが深く学べる職場を探していて気になったのが、埼玉県上尾市で2つのユニット型特養を運営する「社会福祉法人 竹柿会」。職員が介護に関する最新の知識・技術を学んでいけるよう、「生活介護研究所」による定期的なセミナー(勉強会)を開催しているんだとか。施設にやってきた私を迎えてくれたのは、ケアワーカーの堂ノ下さん。ではさっそく、先輩訪問スタートです!
堂ノ下さん(入職6年目)
一般大学経済学部卒業後、新卒で入職。
働きながら、介護福祉士の資格を取得。
※「入職○年目」表記を含む当ページの内容は訪問取材時のものです
一般大学からの採用実績も多数!
充実した新人教育プログラムが自慢です。
若いスタッフもたくさん活躍している、明るい職場です!
堂ノ下さんは、一般の4年制大学を卒業されたそうですね。

はい。大学では経済学を専攻していました。でも、将来の進路を考えた時、需要が増している介護業界に注目したんです。中学生の頃、同居していた祖父の介護を手伝っていたので、もともと興味もあったんですよね。

入職時、介護の資格は持っていたんですか?

いいえ、無資格でした。介護の仕事は資格がなければいけないと思っていたのですが、新卒向けの求人サイトを見ていると、応募から内定までの段階では「資格不問」という介護系の法人が多く、私にも挑戦できると思いました。

働く職場に、「竹柿会」の施設を選んだ理由は何ですか?

私は専門的な勉強をしていませんでしたし、資格も持っていなかったため、「研修プログラム」や「資格取得支援」が整っていることに一番魅かれました。当法人では、無資格・未経験者の新卒者をイチから育てていく教育制度が整っているんですよ。

オープニングスタッフとして入職されたそうですね。

はい。竹柿会は、定員100名の特養「上尾ほほえみの杜」と、デイサービスも併設する定員50名の特養「ウエルハーネス上尾」を運営しているのですが、ちょうど私が入職する時、「上尾ほほえみの杜」のオープニングスタッフを募集していて、きれいで新しい施設で働けることも入職の決め手になりました。

生活介護研究所による
セミナーでスキルアップ!
入職後は、教育担当の先輩が振り返りや目標管理を行ってくれます。
入職後の教育サポートは手厚いんですか?

はい。当法人は一般大学からの採用実績が多く、知識ゼロから介護のプロを目指せる新人教育プログラムを用意しています。同期の中に、偶然同じ大学の同級生がいてビックリしました。

新人教育プログラムについて、詳しく教えて欲しいです。

新卒の方には1年間にわたる教育プログラムを用意し、個々のペースで学んでいける環境を整えています。入職後はオリエンテーションの後、約半年間は教育担当の先輩からマンツーマンのOJTを受け、その後も定期的な個人面談を通して、振り返りや目標管理を行っていきます。

教育プログラムの中で、一番良かったものは何ですか?

「生活介護研究所」の講師によるセミナー(勉強会)です。「生活介護研究所」とは、介護のプロフェッショナルが集まるスーパーバイザーチームで、介護保険がスタートする前から、全国の介護現場へ研修やアドバイスに出向いています。

すごく勉強になりそうですね。

はい。講師の方から他施設の事例を聞いたり、最新の介護知識・技術を教えていただけるので、とてもスキルアップにつながっています。個人的に外部研修に参加しなくてもいいくらいテーマも豊富です。

ユニットケアの魅力は、
個別に寄り添い、生活リズムを大切にできるところ。
入居者様と家族のような距離感で、丁寧な個別ケアに取り組んでいます。
私は、入居者様の生活に個別に寄り添える「ユニットケア」に興味があるんです。

でしたら当法人はピッタリだと思います。生活介護研究所によるユニットケア研修が開催されますし、ユニットリーダー研修を受講したスタッフも在籍しているので、しっかりと専門知識が学べますよ。

現場では、どんなケア体制を整えているんですか?

私が働く「上尾ほほえみの杜」では、施設内を10ユニットに区切り、1ユニット10名の入居者様に対して、顔なじみの職員がケアに入っています。各ユニットにリーダーが配属されていて、全体を統括する介護主任が、ユニットによって「ケアの質」に差が出ないよう指導に入っています。

ユニットケアを実践する環境がしっかり整っているんですね。

はい。当法人の運営方針は、「住まいを実感するユニット型特養」です。各ユニットのキッチンでは、食事のたびに炊飯し、食器もなるべく自宅で使用していたものを持ってきていただいています。

堂ノ下さんは、ユニットケアのどんなところに魅力を感じていますか?

それぞれの入居者様の生活リズムを大切にできるところです。食べたい時に食べる、トイレに行きたい時に行く、それらは当たり前のことですが、集団ケアではなかなか実現しにくいと思います。早起きの方もいれば、朝が苦手な方もいるので、朝ごはんの時間だからと無理に起こしたりはしません。

仕事で辛い経験をした時、
先輩の励ましの言葉に救われました。
定期的に、ケアマネージャーや事務スタッフとも情報共有を行っています。
仕事をしていて、大変だったことや辛かったことはありましたか?

1年目に夜勤業務に入ったばかりの頃、初めて救急搬送を経験したことですね。ショートステイ初日の利用者様で、その方の特徴や行動パターンを把握しきれていなかったせいもあり、転倒を防げず、頭から出血もあり、焦ってパニックになりました。

その後の対応はどうされたんですか?

すぐに先輩を呼んで、119番通報しました。多少の容態変化であれば、オンコールで看護師に相談するのですが、状況を判断して救急車を呼びました。

介護の現場では、そういうことも起こるんですね。

すごく責任を感じてしまい、自分はこの仕事に向いていないかも…と考えてしまいました。でも、落ち込んでいる様子を見た先輩が励ましてくれ、「現場ではいつ何が起きるかわからないから、日々『後悔しない介護』をすることが大切なんだよ」というアドバイスをいただきました。

温かい先輩に恵まれましたね!

ええ、職場の人間関係には本当に恵まれています。常勤スタッフだけでなく、パートさんとも仲が良くて、よくユニットのメンバーで、パートさんの息子さんが営んでいる居酒屋さんへ行くんですよ。職場の近くで、すごく美味しい料理が食べられるのでオススメです!

嬉しい福利厚生は?
1食250円の
職員食堂!
リーズナブルな値段で、毎日できたてのご飯が食べられます!食堂は他のユニットメンバーも利用するので、絶好の情報共有の場です。
職場周辺のおすすめスポットは?
パートさんの息子さんが営む
居酒屋さん★
職場から近いので、よくユニットメンバーで飲み会をして楽しんでいます。
今日はお休み!何して過ごす?
大好きなアーティストの
ライブへ♪
1カ月に3日間の希望休を申請できるので、プライベートが充実しています★
お会いした堂ノ下さんからは、「社会福祉法人 竹柿会」で働く魅力をたくさん聞くことができました。新人教育プログラムも充実しているし、定期的な「生活介護研究所」によるセミナーの開催はとても魅力的。一人ひとりの入居者様に個別に寄り添っていくユニットケアの施設では、介護に関する幅広い知識・技術を学ぶ必要があると感じました。ここならきっと、未来の私が活躍できそうです。
●外部講師から学ぶ機会を積極的に作ろう
●入居者様の生活リズムを大切にしよう