竹柿会 新卒介護スタッフ採用サイト
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07
  • Menu08
  • Menu09
「謙虚さ」を忘れず、人生の大先輩から
たくさんの学びを得てください。
新人時代の思い出を教えてください。

介護の仕事に就いて、約20年。最初の10年は身体障害者や知的障害者の療養施設で働き、その後はグループホーム、訪問介護、特養と、さまざまな高齢者施設を経験しました。介護の仕事をしていると、よく周りから、「偉いね、すごいね」って言われるんです。だから新人の頃は、「私って偉いの?」と、少し勘違いをしていました(笑)。でも今は、「偉いね」という言葉をかけられるたびに、違和感を感じています。

なぜ違和感を感じるのですか?

自分の好きな仕事が大変でキツい仕事と思われているようで、悲しいのかもしれません。介護って、一見「ギブ(与えること)」ばかりに思えますが、実際は「テイク(受け取ること)」も多く、人間関係の「ギブ&テイク」が成り立っている職業なんです。新人さんと入居者様のやりとりを見ていると、若者とお年寄りが、お互いの足りない部分を補い合っているように感じるんですよね。入居者様が生活の中で感じる不便をサポートしながら、長い人生の中で得た知識・経験を教えていただく。私たちは、介護を通じて多くのことを学ばせていたただいているので、常に「謙虚であること」が大切だと思っています。

学生にメッセージをお願いします。

竹柿会で働き始めた頃、「トレイに行きたい」と訴える入居者様に対して、「すぐに連れて行ってあげます」と返答した職員がいました。すると、別の職員がすかさず、「『あげる』じゃないよね」と注意したんです。その場面にいた私は、入居者様への謙虚さを大切にする姿勢に、とても感激した記憶があります。「してあげます」という言い方は、私も間違っていると思いますが、それを仲間に注意したことはありませんでした。間違いを注意し合える職員同士の信頼関係は、竹柿会の「介護の質」を上げていると感じていますね。

ズバリ! 私はこんな人。
●最近の趣味は?
趣味と言えるほどではないかもしれませんが…、スターバックスの期間限定商品を必ずチェックしています。私のスタバ好きは職場でも有名で、新商品が出るたびに、後輩たちが「もう飲みましたか?買ってきましょうか?」と気遣ってくれるんですよ(笑)。車の運転も好きなので、休日はドライブを楽しみながら遠くのスタバへ行って新商品をチェックしています!
●性格を一言で言うと?
モノゴトをはっきり言うタイプだね〜って
よく言われます(笑)。
●新人に望むことをどうぞ。
人生の大先輩である入居者様に対して、
常に「謙虚さ」を忘れずに接して欲しいです。