足立東部病院 新卒看護師採用サイト
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07
  • Menu08
  • Menu09
良い上司に恵まれるかどうかは、成長や働きやすさを左右する重要なポイント。私は、「この人について行きたい」と思える上司のもとで、気持ちよく仕事がしたいです。「足立東部病院」の看護部長は、院長とともに病院改革を進めながら、東京都看護協会の東部地区支部長まで務めているんだとか。私を迎えてくれたのは、入職23年目の八木さん。上司との関係や職場の雰囲気について、詳しく聞いてみたい!では早速、先輩訪問スタート。
八木さん (入職23年目)
療養病棟主任。看護助手として
入職後、看護師の資格を取得。
※「入職○年目」表記を含む当ページの内容は訪問取材時のものです
一つの職場で長く働けているのは、
温かい人間関係に恵まれたおかげ。
後輩達の良きお手本になれるよう、初心を忘れずに患者様と向き合っています。
八木さんは、初めは看護助手として入職されたそうですね。

はい。私は地方出身なのですが、東京でなら奨学金制度を利用して看護師を目指せる道があることを知り、看護学校へ通いながら、看護助手として働き始めました。当院には現在も、地方から看護師を目指して上京する学生が多いんですよ。

学生の頃から、ずっと同じ職場で働いているんですね。

そうなんです。家庭的で温かい職場なので、奨学金の返済が免除となる期間が過ぎた後も、そのまま働き続けています。途中、2人の子どもを出産したのでブランクもありますが、復職先も迷わず当院に決めていました。

それだけ魅力的な職場なんですね!

ええ、人間関係がとても良いんです。だから、看護部の定着率は非常に高く、20年以上働くベテラン層がたくさんいます。定年後も再雇用を希望する方も多く、20代から60代まで、幅広い世代が活躍している職場です。

経験豊富なベテランの先輩が多いのは、心強いです。

面倒見の良い方ばかりなので、新人さんは可愛がられますよ。看護技術だけでなく、患者様と向き合う姿勢や、声の掛け方、清拭やオムツ交換などの生活ケアの部分も、ぜひお手本にしてみて欲しいです。

院長と看護部長の病院改革によって、
新しい取り組みが着々と進んでいます。
頼りがいのある藤野看護部長。新人教育にとても熱心です。
看護部長が、院長と一緒に病院改革に取り組んでいるって本当ですか?

本当です。藤野看護部長は、当院をより良く改革するため、2016年に赴任されました。大学病院や専門病院でも働かれていたので、臨床のキャリアも豊富ですし、東京都看護協会の東部地区支部長を務めてらっしゃるため、教育にも熱心です。

看護部長が赴任されてから、どんな部分が変わりましたが?

いろいろ変わりましたが、病院全体の意識が大きく変わりました。看護部長の提案で、定期的に管理職会議を開き、医療安全や感染対策などを基本から見直しているんです。当院の歴史は長く、職員の入れ替わりも少ない分、外部からの情報が少ないという課題がありました。でも、藤野看護部長が赴任されたことで、新しい風が入ったという感じがしています。

そうなんですね。新人にとって、メリットのある病院改革はありますか?

現場での教育体制が変わったことです。以前は、専属の教育担当が付く「プリセプター制度」を採用していましたが、病棟全体で新人さんを育てる「チーム支援型」に切り替えました。また、さまざまな看護を経験できるよう、急性期病棟、療養病棟、手術室を回る「ローテーション研修」も開始したんですよ。

へぇ~!ローテーション研修は、どのくらいの期間実施しているんですか?

准看護師は約1年間、看護師は約半年です。一般病棟と療養病棟では、患者様の層が全く違いますし、求められる技術・知識も異なります。急性期~慢性期の看護を1年目に経験することで、しっかりと基礎看護を固められると思います。

院内環境を常に改善しながら、
より働きやすい職場づくりを目指しています。
現場教育と研修で、新人さんの成長を応援しています。
看護部長が変わると、病院の雰囲気も変わりましたか?

良い部分は変わっていませんが、ダメだった部分は変わってきています。当院には、「今までがそうだったから、そのままにしている」というがことが多かったんです。でも、部長が一つひとつ指摘してくれるおかげで、改善につながっています。

例えば、どんなことでしょう?

救急カートが廊下に出ていたり、掲示物が見えにくい場所に貼ってあったり、ナースステーション内の物の配置も、仕事の効率を意識したものになっていませんでした。でも、1年程で院内の整理整頓が行き届き、スムーズに働けるようになったんです。ずっと同じ環境にいると、見えなくなってしまうものってあるんですよね。

外からの情報を取り入れることって、大切なんですね。

すごく大切です。だから看護部では、看護協会主催の研修をはじめ、外部の学びには積極的に参加できる体制を整えています。新人のうちから、年に数回は外部で新しい知識を得て、職場に持ち帰って仲間に広げて欲しいです。

そうしたいと思います!院内研修も開催されますか?

もちろんです。看護部ではレベル別の研修プログラムを用意していて、毎月開催しています。新卒者には、年間研修計画をしっかり組み、着実な成長をサポートしていますよ。

楽しい職員向けのイベントが充実!
待遇・福利厚生面も整っています。
新人さん大歓迎!一緒に働ける日を楽しみにしています。
ハード面もソフト面も、新しくなった部分が多いんですね。

そうですね。最近、全職種のユニフォームも変わりました。職種ごとに色が違うスクラブなので、新人さんでも一目見れば、誰がどの職種かわかると思います。また、他部署の職員が新人さんに気付けるよう、名札に新人専用バッヂをつけてもらっています。

他職種や、違う部署の方とも、交流する機会はありますか?

はい。当院は職員向けのイベントが充実していてい、新人歓迎会、納涼会、職員旅行、忘年会などを通して、いろいろな仲間と交流できます。イベントの写真は台紙に楽しくデコレーションして、職員通路に飾っているんですよ。

見てみたい!待遇・福利厚生面はどうですか?

残業はほとんどありませんし、お休みもしっかり取れます。病院の近くに独身寮があり、地方出身者から大好評!東武スカイツリーラインの「西新井駅」「梅島駅」の両方に歩いて行ける立地なので、すごく便利です。

周辺地域の暮らしやすさはどうですか?

私は病院の近くに住んでいますが、人の多さや、せわしない雰囲気もなく、暮らしやすい街だと思います。都心からは離れていますが、「西新井駅」周辺には、大型ショッピングモールやスーパーなどが揃っているので、仕事帰りにお買い物が楽しめます。

職場の自慢は?
仲間との
意見交換が活発なこと!
病棟カンファレンスでは、職種・キャリアに関係なく、それぞれの立場から意見があがります。
独自の取り組みは?
新人さんの
若葉マークバッジ★
他部署や他職種の先輩も、バッジを見て新人さんに気付き、サポートしてくれます。
職場のお気に入りスポットは?
職員通路の
イベント写真。
忘年会の写真を、職員がレイアウトしてくれました。楽しい思い出がよみがえります★
「足立東部病院」では、うわさ通り院長と看護部による病院改革が進んでいて、さまざまな新しい取り組みがスタートしていました。看護部長は行動力のある方で、新人教育にとても熱心なんだとか!お会いした八木さんも、長く働けている理由の一番は「人間関係」と言っていたし、一緒に働く上司・先輩から、いろいろなことを吸収できそう。ここならきっと、未来の私が活躍できそうです。
● 常に進化を続ける病院は魅力的
● 外部研修にも積極的に参加しよう